BookLiveのアプリとブラウザの違いは?リアルな口コミから安全かどうかも調査

BookLiveのアプリとブラウザの違い

「BookLiveはアプリとブラウザ版があるけど何が違うの?」

「そもそもBookLiveは安全なサイトなの?」

BookLiveは、インターネット上で書籍を読むことが可能な電子書籍サイトのひとつです。

たくさんの電子書籍サイトの中から自分に合ったサイトを探しているという方は、BookLiveもご存知なのではないかと思います。 

ただどんなサイトになっているのか、またアプリとブラウザ版があるようだけれど何が違うのか?、そもそも安全なサイトなのか気になりますね。

今回は、BookLiveの特徴や、アプリとブラウザ版の違い、その他口コミからサイト自体が安全に利用できるものなのか詳しく紹介していきたいと思います。

目次

BookLiveの特徴について

BookLiveは、2011年より創業中の電子書籍サイトで、2022年9月現在で累計149万冊以上の様々なジャンルの書籍が配信中となっています。

今ではたくさんの電子書籍サイトが普及してきていますが、まず電子書籍サイトではインターネット上でいつでもどこでも漫画などの書籍を読めるので、とっても魅力的なサービスですよね。

そんな中で、よりお得に書籍を読むことができるサービス、そして安全性のあるサービスを求めているという方が多いのではないでしょうか。

BookLiveは、創業から10年以上経過しており、使いやすい電子書籍サイトNO.1にも選べた信頼できる電子書籍サイトと言えます。

ただ、BookLiveにはどんな魅力的な特徴があるのか気になりますよね。

▶︎利用者の口コミはこちら

BookLiveでは、会員登録をする必要がありますが、登録自体は無料初回登録者限定で書籍購入に利用可能な50%オフクーポンが配布されています。

また、気になる作品を読んでみたいけど購入して失敗するのは嫌だと感じる方も多いですよね。

全ての方の気になる作品が対象になっているというわけではありませんが、無料で読める作品が18,000冊以上配信されています。

もし気になる作品が無料対象作品になっていた場合は、購入する前にどんな内容なのか確認することができるので、購入して失敗してしまったということも事前に防ぐことができるでしょう。

さらに、電子書籍サイトに限らず普段の生活で様々なポイントを有効活用されている方が多いのではないかと思います。

BookLiveでは、Tポイントが対象となっており、キャンペーンでポイントが貯まったり、有料作品の購入で購入金額に応じてポイントが付与されたり、貯まったポイントも書籍購入に利用することができます。

初回登録者には50%オフクーポンが付与されるとお話ししましたが、それ以外にも毎日最大2回引けるクーポンガチャがあります。

最大で50%オフクーポンがもらえることもあるとっても嬉しいガチャです。

クーポンは様々な種類が用意されているため、時には、クーポンをもらっても書籍購入には利用できない場合もあります。

ですが、書籍購入前にガチャを引くことでよりお得に購入できるチャンスが与えられます。

どんなクーポンが出るかワクワクする時間も意外と楽しいものですよ。

それでは BookLiveならではの魅力的なポイントをそれぞれ詳しく紹介していきたいと思います。

初回無料登録で50%オフクーポンが貰える

BookLiveは、無料会員登録をして利用することでいつでもどこでも書籍を楽しめる電子書籍サイトとなっています。

また、BookLiveでは、試し読みができる無料作品も1万冊以上配信中となっており、試し読みのみでサイトを利用する場合は会員登録をする必要もありません。

でも、会員登録は無料でできますし、無料の会員登録をすることで初回登録限定でとってもお得なクーポンがもらえるキャンペーンが実施中です。

50%オフクーポン

こちらのクーポンは、BookLiveに初めて登録した際に付与されるクーポンで、もらったクーポンはサイト内で有料作品を購入する際に利用することができます。

まずは無料でお試しに読んでみて、続きが気になるけど有料作品という場合にも、このクーポンを利用することでとってもお得に購入することができるんです。

BookLiveは、無料会員登録をすることで有料作品を購入することができるようになります。

そのため有料作品を購入する際には会員登録をしなければなりませんが、会員になるのは無料ですし、初回登録者限定でクーポンも配布されているので、気になる作品や目的の作品がある場合も一冊目からとってもお得に購入することができます。

無料で読める漫画が18,000冊以上

BookLiveでは、試し読み可能な無料作品が配信されており、無料作品のみを読む場合は会員登録をしなくても利用できるとお話ししましたね。

2022年9月現在、BookLiveでは、18,000冊以上の試し読み可能な無料作品が配信されています。

試し読みできる無料作品の対象になっている作品では、最初の数ページのみ試し読みができるもの、また第1巻目を一冊まるごと無料で読める作品、また複数巻まるごと無料で読めるものもあります。

その無料対象作品はテレビアニメ化された作品や、テレビドラマ化された作品など、世間で話題になっている作品や過去の名作なども無料で提供されており、無料作品も毎週追加されています。

読者の皆さんが読みたいと思う作品が必ずしも無料の対象になっているとは限りませんが、無料作品はどんどんと更新されているので、初めて読む新しい作品に出会うきっかけにもなります。

また無料作品は期間限定となっている作品も含まれているので、無料で読むことができるチャンスを逃さないよう、是非こまめに無料作品のチェックを行ってみてくださいね。

さらに、無料で読むことはできない作品であっても、通常で購入するよりもかなり安く購入できる激安セールやキャンペーンが度々行われています。

無料ではなくても通常では購入できないような激安の金額で人気作品や話題作品を読むことができることもあるので、無料作品とあわせてぜひ激安作品もこまめにチェックしてみてください。

Tポイントを貯める・利用することができる

普段からいろんなポイントを貯めて活用しているという方が多いと思います。

BookLiveでは、Tポイントが有効活用できるようになっています。

Tポイント1ポイント=1円

サイトの利用で貯めたポイントは、書籍購入時に利用、またはその他の提携店舗などでも利用することが可能です。

ただしTポイントを活用するためには、BookLiveで利用手続きをしておく必要があります

手続きをするのは少し面倒に感じてしまうかもしれませんが、手続きを行うことで、ポイントを貯めたり使ったりするだけではなく、ポイントバックなどのキャンペーンでよりお得にポイントがたまります。

さらには、書籍を購入しなくてもポイントがもらえる「来店ポイント制度」があるので、毎日サイトにログインするだけでよりポイントが貯めやすくなります

今まで貯めていたポイントも、手続きを行うことで書籍の購入に使用することもできます。

また、BookLiveでポイントをたくさん貯めて、書籍の購入だけではなく他の提携店舗などでも利用することができます。

Tポイントの利用手続きを行っておくことで、書籍の購入時だけではなくその他のお買い物などでもお得になるので、Tポイントを貯めている方は是非とも利用手続きを行なってくださいね。

毎日最大2回引けるクーポンガチャがある

BookLiveは、初回登録者限定でお得なクーポンが配布されることがわかりましたが、このクーポンは初回だけではなく毎日クーポンがもらえるキャンペーンが実施されています。

一日一回引けるクーポンガチャがあり、このガチャで50%オフクーポンが当たる可能性があります。

必ずしも一回目のガチャで50%オフクーポンが当たるとは限らず、割引率が低いクーポンになる可能性も十分考えられます。

それでも、とってもお得に書籍が購入できるクーポンになっているので、毎日1回引けるガチャは忘れず引きたいものですね。

でもやっぱり、50%オフクーポンが良かった!と、実際に当たったクーポンが不満に感じることもあると思います。

実は、もし当たったクーポンが気に入らない時に、当たったクーポンを入手する前に表示されるボタンで友達にシェアすることができるんです。

このシェアをすることでもう一度ガチャを引けるチャンスがもらえます。

気に入らないクーポンだった時には、友達にシェアをしてもう一度50%オフクーポンを狙ってガチャを引き直すことができます。

ただし、一度目のクーポンよりも割引率が低いクーポンが当たったり、同じクーポンだったりと、必ずしも2回目が50%オフクーポンが当たるとは限りません。

でもどんなクーポンが当たるか、ワクワクする時間を2回も楽しむことができます。

1回目で当たったクーポンが気に入らない場合、シェアをすることで2回目のガチャを引くことができます。
ただし、一度当たったクーポンをシェアする前に入手してしまうと、再度ガチャを引くことができないのでご注意くださいね。

BookLiveのアプリとブラウザの違いは?

電子書籍サイトは、いつでもどこでもインターネット上で書籍を読むことができるというとっても便利なサービスになっていますね。

それぞれのサイトによっては、アプリ版とブラウザ版のどちらも利用することができるので、それぞれの利用環境によって使い分けることができ便利です。

BookLiveも、アプリ版とブラウザ版のどちらも利用することができます

でも、アプリ版とブラウザ版では何が違うのか気になるところですね。

まずそれぞれ大きな違いとしては「ストリーミング 形式」「ダウンロード形式」であるということです。

ストリーミング形式インターネット上で書籍が読める
ダウンロード形式オフラインで書籍が読める

このように大きな違いがあります。

ストリーミング形式で書籍を読む場合、インターネットに接続されていることが条件となりますが、インターネットに接続することができていればいつでもどこでも思い立った時に書籍を読むことができます。

ただし、常にインターネットに接続するということで通信量がかなり必要になります。

インターネットの契約状況によっては、通信量を気にしなければならないという方も多いでしょう。

そういった方はきっと通信量を使わずに読みたいと思います。

そこで便利なのが、ダウンロード形式で読めるアプリです。

Wi-Fi環境下で一旦作品をダウンロードしておき、端末にデータを保存して、オフラインで読むことで通信量を気にする必要がなくなります。

ただし、書籍を端末に保存することになるので、端末自体の容量がある程度必要ですし、保存量によっては保存しきれなくなってしまう可能性も考えられます。

このように、それぞれにはメリットとデメリットがあるため、利用環境によって使い分けることでとっても便利になるのではないかと思います。

ただし、アプリ版とブラウザ版では同じBookLiveを利用するにしても若干サービスの内容が違うようです。

  • アプリでは書籍の購入ができない
  • iOSは本体に保存される
  • Macはアプリ版がない
  • アプリでは利用できないキャンペーンがある(Android以外)

このようにそもそもアプリとブラウザだけでもサービス内容が異なり、さらには利用中の端末がiOSかAndroidかでも、 アプリでのサービス内容が異なってしまいます。

ですから、アプリ版のみ、もしくはブラウザ版のみで利用するのではなく、その時のサイトの利用環境によって上手に使い分けるとよりお得に利用できますね。

BookLiveを利用するならアプリ?ブラウザ?どっちがいい?

BookLiveは、アプリ版とブラウザ版のどちらでも電子書籍を楽しめるということがわかりましたね。

しかし、アプリとブラウザでは、サービス内容が異なるということがわかりました。

さらに利用中の端末によってはアプリで利用できないキャンペーンも・・・。

まず、BookLiveのアプリは、読むことに特化されているアプリなので、利用環境によって通信量を気にせず読みたい時にとっても便利です。

iOSやAndroid、Windowsでは、アプリをダウンロードして使用することができますが、Mac版はそもそもアプリが非対応となっています。

そして、アプリが対応している端末でも、読むことに特化したアプリのためAndroid以外は、アプリ内で書籍を購入して読むということができず、書籍を購入する際にはブラウザから購入することになります。

さらに、ブラウザ版で公式サイトにログインすると、通常はクーポンが当たるガチャが引けたり、来店ポイントがもらえますが、アプリでは利用することができません。

だがこれはiOS版のみ。

Androidでは、アプリ上でクーポンガチャを引くことができたり、書籍の購入までできるようになっています。

つまり、利用者の方が使用する端末によってもサービス内容が大きく変わってくるんです。

iOS端末や、Windowsパソコンで書籍を読みたいという方は、まずはブラウザ版で書籍を購入、さらに毎日引けるガチャや来店ポイントなどもブラウザ版でもらうようにしてください。

そして、書籍を読む環境下によってブラウザかアプリで読むよう使い分けるといいかもしれませんね。

Androidの場合は、その他の端末とは異なり、アプリ上で全てを済ませることができることがわかりましたね。

Androidを使用している方は、アプリ上で済ませることができるので、断然アプリの利用が便利と言えます。

読む環境下によってアプリでダウンロードしてオフラインで読む、通信量を気にしないときはダウンロードせずそのままアプリ上で読む、と、アプリの中で読み方を使い分けると良いでしょう。

BookLiveアプリの使い方

BookLiveでは、利用する端末によっては、アプリ内のサービス内容が異なるということがわかりました。

ですがどの端末であっても、ブラウザとアプリを上手に使い分けることでとっても便利に電子書籍が読めるということがわかりましたね。

そこで、よりBookLiveを便利に利用するために、アプリの使い方を紹介します。

BookLiveアプリをダウンロード

まずはアプリをダウンロードしましょう。

それぞれ利用している端末からBookLiveアプリをダウンロードしてください。

Android=Google Play

iOS=App Store

BookLiveアプリにログインをする

それぞれ端末でアプリをダウンロードしたら、アプリにログインしてください。

すでにサイトに登録済みの方は、そのままログインして、会員登録がまだの方は会員登録を済ませてください。

BookLiveアプリでお好きな作品を検索して探す

アプリにログインしたら、作品の検索機能が表示されます。

赤枠の部分に作品のタイトル名や、お気に入りの作者の作品が読みたいという場合には作者の名前などを入力してみてください。

そして検索をすると、探している作品、または作者の配信中の作品などが表示されます。

BookLiveアプリで目的の作品ダウンロードする

アプリで目的の作品をダウンロードするためには、有料作品であれば予め購入する必要があります。

購入した作品をアプリでダウンロードしてオフラインで読みたい場合は、アプリの方で自分のアカウントにログインしてください。

すると、「本棚」という項目が出てきます。

本棚を開くと、ご自身が購入した作品が表示されます。

購入した作品が表示されたら、その中でダウンロードしたい作品を選んでください

ダウンロードしたい作品を選んでおくと、選んだ作品が順番にダウンロードされていきます。

もし同じシリーズの書籍を一括でダウンロードしたい場合は、作品を選んで右上のダウンロードボタンを選ぶと一括でダウンロードしてくれます。

書籍をダウンロードする際、ダウンロードする書籍の数によってはかなりデータの容量が消費されてしまう場合があります。
通信料が気になる方はWi-Fi環境でダウンロードしておく事をおすすめします。

BookLiveアプリで漫画を読む

BookLiveのアプリで書籍を読む場合は、まずアプリでご自身のアカウントにログインしてください。

マイページの本棚を開くと、読むことが可能な書籍のタイトルが表示されます。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: image-12-473x1024.png

読みたい作品を選んで、「アプリで読む」を選ぶとそのままアプリで読むことができます。

BookLiveでクーポンガチャを引いてみる

Androidでは、アプリでもクーポンガチャを引くことができますが、その他の端末ではブラウザ版のみとなっています。

ここではブラウザ版でクーポンガチャを引く方法を紹介します。

STEP
自身のアカウントにログイン

まず、ご自身のアカウントでサイトにログインしてください。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 無題-9-1024x576-1.webp


こちらの画像のように、下にスクロールしていくと画面左側の「おすすめコーナー」という項目の中に「クーポンガチャコーナー」があります。

STEP
ガチャを引く

クーポンガチャコーナーを開くと、ガチャを引く画面に移行します。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: mudai-.png

画面をクリックしてガチャを引いてみてください。

STEP
クーポンを取得する

ガチャを引くと当たったクーポンが表示されます。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: image-14.webp

このクーポンが気に入らなかった場合は、シェアをするともう一度ガチャを引くことができます

ただし2回目のガチャで最初のクーポンよりも割引率が低くなってしまったということもあるかもしれません。

その場合も、最初に当たったクーポンはもらえなくなってしまいます。

どんなクーポンが当たるかワクワクしますが、必ずしも2回目の方が割引率が良いとは限らないので注意してくださいね。

クーポンガチャが引けるのは一人一日一回のみ
シェアをして最大2回引くことが可能ですが、再挑戦しても一度目のクーポンの入手は出来ません
また、シェアする前にクーポンを取得するともう一度ガチャを引くこともできません
また受け取ったクーポンは当日のみの有効期限となっているのでご注意ください。

このように、毎日一日一回ガチャを引くことができるので、作品を購入するという時には購入前にまずこのガチャを引いてみてくださいね!

そしていつでもお得に書籍をお楽しみください!

BookLiveのアプリでよくある質問

BookLiveのアプリを利用するにあたって様々な疑問があると思います。

ここではアプリに対するよくある質問をまとめてみたので、ぜひ参考にしてみてください。

BookLiveアプリは複数端末にインストールして使えますか?

台数制限がありますが使用可能です。

まずBookLiveでは、一度登録してアカウントを一つ作成しておくと、5つまでの端末でアカウントにログインして利用することができます

それぞれの端末でアプリをインストールして、登録した際のアカウントを入力してログインすることで、その他の端末でも使用することができるようになっています。

ただし、登録できる端末は5台までとだっているので、その他の端末で利用したい場合、制限台数を超えてしまった場合は利用することができません

そのため、すでにアカウントに登録されている端末が5台あるという場合には、アカウントから登録済みの端末を解除しておく必要があります。

それを「端末解除」といいます。

もし新しい端末を登録したいが制限台数分登録されていて、新しく登録できないという場合には、登録中の端末の中から解除しても良いものを選んでください。

そしてアプリもしくはマイページから解除しても良い端末の解除を行うことができます。

このように、アプリは複数の端末にインストールして使用することができますが、利用可能な台数に制限があります

制限内であれば複数の端末でアプリをインストールしてサービスを利用することができるので、家族で利用してみたいという方もそれぞれの端末で利用してみてくださいね。

購入したはずの書籍をアプリで読むことができません

閲覧できる端末が制限されている

購入した作品をアプリで読もうと思ったが、アプリで読むことができないということがあるようです。

これは、不具合などではなく、作品自体が閲覧できる端末に制限がかかっていることがあるからと考えられます。

それぞれ購入する際には、作品の詳細に対応端末が表示されています。

購入した作品をアプリで読めなかったという場合は作品の詳細から「対応端末」が制限されているか確認をしてみてください。

dアカウントはdocomo端末のみ

購入した作品がアプリでは読めないという場合、元々作品自体が閲覧できる端末に制限がかかっている場合もありますが、利用者の会員情報によってもアプリで読めない場合があります。

BookLiveでは、すでに利用しているアカウントで会員登録をすることができます。

その中で「dアカウントID」で会員登録をされている方は、docomoのスマートフォンやタブレットのみの利用となっています。

購入した書籍をアプリで読むことができない、作品に端末の制限がない場合は、会員登録の際にdアカウントIDで登録していないか確認してみてください。

この場合はdocomo以外の端末でアプリをインストールしても、端末の設定ができないので、アプリで書籍を読むことができません。

BookLiveアプリで購入した作品はオフラインでも読めますか?

読めます。

利用中の端末がAndroidの場合、アプリで書籍を購入することができます

それ以外の端末はアプリで書籍は購入できず、購入する際はブラウザから購入してください。

そして、購入した作品はダウンロードすることでアプリでオフラインで読むことができます

Androidのように、アプリで購入してもオフラインで読むことができます。

ブラウザで購入した作品も、アプリ内で購入した作品も、ダウンロードしておくとオフラインで読むことができるので通信量がかかりません。

ダウンロードする際にはダウンロード数によってかなりの通信量が必要になる場合があります。

ダウンロードする際にはWi-Fi環境下で行うと良いですよ。

BookLiveアプリでセーフサーチモードは使えますか?

使えます。

まず「セーフサーチモード」とは、例えば作品の中で性的に過激な表現、 暴力的に過激な表現があるものも数多くあります。

そういった作品は表示してほしくないという方もいるでしょう。

セーフサーチモードとはそういった作品の表示を調節することができる機能となっています。

BookLiveでは、登録してすぐは「中」で設定されているため、過激な表現が含まれた作品の表示制限が行われています。

もしそういった作品も読みたいという場合は「OFF」に設定し直すこと、また基本的には表示してほしくないという場合は「強」に設定しておくことができます。

一つのアカウントで家族それぞれが別々の端末で利用するということもありますよね。

子供達には過激な表現が含まれた作品を見て欲しくないという時には、セーフティサーチモードを「強」に設定しておくことで原則表示されなくなるので安心して使わせてあげることができます。

またこの設定は変更できないようにするために、パスワードでロックすることもできます

パスワードを知っている大人のみが必要な場合に変更するなどの対処ができます。

この設定は、ブラウザ版でそれぞれ設定しておくことで、アプリで使用する際も適用されたまま使うことができます。

BookLiveのリアルな口コミを紹介

ここまででは、BookLiveはどんなサービスなのか紹介してきましたが、魅力的なサービスであるということは分かっても実際に利用するのは安全なのかとっても気になりますね。

実際に利用している方々の良い口コミや悪い口コミから、BookLiveのリアルな評判をまとめてみました。

BookLiveのリアルな”良い口コミ”

アニメ化した作品の原作を読んでみたくなり利用しました。始めは電子書籍に抵抗があったのですが、メディアミックスしたような話題の作品が豊富にあり、重宝しています。

みん評

初めて電子書籍で本を読むというのは不安に感じる方も多いと思います。

実際に利用してみると、たくさんのジャンルの作品が配信されており、メディア化が行われた話題の作品も豊富に配信されていると評判の声がたくさんありました。

もちろん電子書籍サイトで新たな作品に出会えるのも魅力的ですが、話題の作品が気になった時にすぐに読めるというのもとっても便利ですね!

ボーナスポイントが多いので本がお得に読めると気に入っています。特に初回はボーナスポイントが多くうれしいです。他にはないジャンルの本がそろっているので私にとっては非常に重宝しているサイトです。

みん評

BookLiveでは、初回登録でもらえるクーポンや、様々なクーポンなどのお得なキャンペーンが度々実施されているということがわかりましたよね。

やはり利用者の中でもお得なキャンペーンがたびたび行われているので、キャンペーンを利用してお得に書籍が読めるというのも魅力的なポイントとなっているようです。

また他のサイトでは配信されていない作品も揃っているというのも高評価のポイントとなっているようです。

ブッコミではランキングの表示もあり、話題の作品が探しやすいという特徴があります。読みたい作品が決まっておらず、新規に作品を探したいときに便利なため、ランキングページはよく見てしまいます。これは他サイトと比べて優れているように思います。

みん評

電子書籍サイトを利用するにあたって、もちろん目的の作品を一番お得に読めるのはどこなのか気になっているという方も多いと思います。

そして気になる作品を読んだ後、何か面白い作品はないかな・・・と配信中の作品を探すこともあるでしょう。

でもかなりの書籍が配信されているので、見つけるのもすごく大変です。

BookLiveでは、ランキングの表示が行われるようになっており、いま話題になっているのはどんな作品なのかもすごく見つけやすいというのが特徴的です。

ランキングページを見るだけで、自分は知らないけれど今どんな作品が話題なのか知ることもできますし、新しい作品に出会うきっかけとなります。

ランキング形式で表示されるのは、他の電子書籍サイトと比べても優れているという声も多く評判のようです。

BookLiveのリアルな”悪い口コミ”

当日限りのクーポンを引くチャンスがあるがランダムなので自分の欲しいジャンルのクーポンがタイミングよく出るとは限らない。

雑誌の発売日に雑誌の割引クーポンが出ることはほぼないので安く買いたい人は翌日以降まで待たなくてはいけない。

みん評

BookLiveでは、毎日最大2回引けるクーポンガチャがあるとお話ししましたね。

このガチャでもらったクーポンは当日限り有効となっており、また当たったクーポンはランダムで排出されるので、必ずしも自分の欲しいクーポンがタイミングよく出るとは限りません。

例えば特定のジャンルの割引クーポンが出た場合は、それ以外のジャンルには使用できないですよね。

ご自身が欲しいジャンルのクーポンが出なければ、友達にシェアをすることで2回目のガチャを引くこともできます。

それでも目当てのクーポンが出ないということもあります。

どうしてもその日に安く購入したいという場合でも、お目当てのクーポンが当たらなければその日にはクーポンを使って安く購入することはできないというのが不満に感じる方が多いようです。

“まるごと無料”にホイホイされました。

期間限定とあるし、てっきりシリーズ全巻無料で読めるのかと…。

実際は1巻が“まるごと”無料なだけです。2巻以降は有料購入しないと読めません。

自分の読解力が悪いのかもしれませんが、騙された感ありありです。

みん評

無料で読める作品も配信されているので、少しでもお得に読みたいという方は「無料」と言う言葉にとっても惹かれますよね。

ただ中には「まるごと無料」という言葉で勘違いをしてしまったという方も多いようです。

基本的にはお金を出して書籍を購入しますが、作品の一部を無料で試し読みすることができるものもあります。

でも「まるごと無料」という言葉だけ見ると、その作品が全巻無料になっているのかと思ってしまうのもわかります。

例えば「一冊まるごと無料」などの表示であれば、全てが無料になっているわけではないと分かると思います。

注意書きなどで全巻が無料で読めるというわけではないとされていると、全巻無料で読めると期待して読もうとした読者の方も納得ができるのではないかなと思いました。

間違えてまったく同じ本を2冊買ったので、当日1冊を別の本に変えてほしいと伝えたができないの1っ点張り。もしここで1冊を変更させてくれていたら今後も利用したいと思えたが、こんな対応をされたら2度と買わない。それくらいわからないのだろうか。

みん評

電子書籍サイトはインターネット上で書籍を購入できるサービスとなっているので、全てをネット上で完結することができとっても便利です。

でも、スマートフォンの端末上のみで操作をするため、時にはミスをして無駄な買い物をしてしまうこともあるでしょう。

通常、インターネット上で買い物をする時は、購入完了までにいくつかのステップがあってそこで購入内容の確認ができます。

それでも間違えて購入した場合キャンセルすることができる場合もありますよね。

こちらの方は、同じ本をミスして2冊買ってしまったので、一冊本を別の方に変えてほしいと伝えたようです。

しかしそれはできなかったようです。

誤タップによって、必要ない作品まで購入してしまったということも端末上での操作だからこそあり得ることでしょう。

その前にしっかりと確認するべきことではありますが、こういったミスにも快く対応してもらう方がサービスの利用を続けようと思いますよね。

こちらの方の場合、返品して返金してもらうわけではなく、別の本に変えて欲しいとお願いしても却下されてしまいました。

サービス上、別のものに変更することができないのかもしれませんが、返品して返金対応をするなど幅広い対応を行なってくれれば、良いサイトだなと感じるのかなと思いました。

ただし、やはりインターネット上なので、「ミス」であるかどうかは運営側にとっては確証が持てないのではないかとも思います。

ここは難しい問題ではあると思いますが、なぜ対応できないのか詳しく丁寧に説明をしてあげることも必要かなと思いました。

ぶっちゃけBookLiveは安全な電子書籍サイトなのか?

ここまででBookLiveについて色々と紹介してきましたが、結局のところ「ぶっちゃけ安全なサイトなの?」と感じる方もいるでしょう。

まず結論から

BookLiveは安全な電子書籍サイト

であると判断できます。

今では様々な電子書籍サイトが普及してきており、中には違法性のあるサイトも数多く存在しています。

また安全性のあるサイトであっても、利用者の利用方法によっては魅力的に感じる部分とデメリットに感じる部分がそれぞれ異なってしまうものです。

だからこそまずは安全性のあるサイトで自分に合っているか知りたいという方も多いですよね。

まずはBookLiveが安全性であると言う証拠を証明するため、BookLiveの運営会社の会社概要をご覧ください。

会社名株式会社 BookLive
所在地東京都港区芝浦3丁目19番26号
設立2011年1月28日
代表者代表取締役社長 淡野正
事業内容電子書籍ストア事業、電子書籍配信プラットフォーム事業

安全性のある電子書籍サイトでは、公式サイトも下の方に運営会社の会社概要が丁寧に記載されています。

違法サイトなどの安全性がないサイトではこのような運営会社の会社概要は記載されていないことがほとんどです。

BookLivでは、会社概要が丁寧に記載されているので、この掲載だけでも安心して利用できる安心材料になるのではないでしょうか。

また、設立の欄を見ても分かる通り、2011年創業の電子書籍サイトで、既に運営から11年以上経過していることがわかりますね。

長年、運営が続けられているというのはそれだけの利用者が集まっているからとも考えられます。

さらには上記で紹介したように様々な電子書籍サイトの中でも一番使いやすいサイトNO.1に選ばれたこともあります。

そのため多くの利用者から人気を集めている電子書籍サイトです。

このようなことからBookLiveは、安全に利用できる電子書籍サイトと考えられます。

ただし、口コミなどからメリットやデメリットがあることもわかりましたね。

メリットやデメリットは、BookLiveに限らずどんな電子書籍サイトであっても利用者の利用目的によって感じることがそれぞれ異なります。

そのためまずは利用してみたいけど安全なサイトなのかが大きなポイントになってくるでしょう。

BookLiveは安全なサイトと言えるので、まずサイトが自分に合っているのか気になる場合は安心して利用してみてください。

無料作品のみの利用であれば会員登録をする必要がありませんし、実際に無料作品のみを読みながらサイト自体を体験することができます

そして無料作品の続きの有料作品を購入する場合や、そのまま継続して利用する場合は是非無料会員登録を行ってよりお得に書籍をお楽しみください。

まとめ

今回はBookLiveについて気になる点をまとめてみました。

とってもお得に書籍を読むことができる魅力的なサイトであるということがわかりましたね。

ただ利用者の中ではとってもメリットに感じる部分もあればデメリットに感じる部分もあります。

それぞれの感じる部分は利用者の利用目的によっても異なってきます。

そして何よりも気になるのはサイトの安全性です。

BookLiveは、会社概要も丁寧に記載されており、使いやすいサイトNO.1に選ばれた実績もある安全な電子書籍サイトと言えます。

是非気になる方は一度利用してみてくださいね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる