ピッコマ|「ある日、私は冷血公爵の娘になった」の最新話135話と全話ネタバレ一覧

\ ピッコマで無料で読む! /

会員登録も無料でできます☆

原作Siya、作画Cottonによる恋愛マンガ。

娼婦の母親に育てられた少女は、母親からの愛情をほとんど受けることなく育児放棄。

母が家に男を連れ込む日は、狭い箱の中に監禁されそのまま朝を迎えるという日々であった。

そんな彼女の存在がある日、とある公爵により2万ゴールドで買われることになる。

そして、その日から彼女の生活は一変するのであった。

今回はそんな作品を実際に読んでみたのであらすじしていきたいと思います。

\ ピッコマで無料で読む! /

会員登録も無料でできます☆

目次

「ある日、私は冷血公爵の娘になった」の全話のネタバレ一覧

「ある日、私は冷血公爵の娘になった」の1話〜最新話のネタバレ一覧
1話 2話 3話 4話 5話
6話 7話 8話 9話 10話
11話 12話 13話 14話 15話
16話 17話 18話 19話 20話
21話 22話 23話 24話 25話
26話 27話 28話 29話 30話
31話 32話 33話 34話 35話
36話 37話 38話 39話 40話
41話 42話 43話 44話 45話
46話 47話 48話 49話 50話
51話 52話 53話 54話 55話
56話 57話 58話 59話 60話
61話 62話 63話 64話 65話
66話 67話 68話 69話 70話
71話 72話 73話 74話 75話
76話 77話 78話 79話 80話
81話 82話 83話 84話 85話
86話 87話 88話 89話 90話
91話 92話 93話 94話 95話
96話 97話 98話 99話 100話
101話 102話 103話 104話 105話
106話 107話 108話 109話 110話
111話 112話 113話 114話 115話
116話 117話 118話 119話 120話
121話 122話 123話 124話 125話
126話 127話 128話 129話 130話
131話 132話 133話 134話 135話

「ある日、私は冷血公爵の娘になった」の登場人物

エステル・カスティージョ

父はカスティージョ公爵であり、母は娼婦。

魔族と人間の混血であり、幼い頃は「ピンクアイ」と呼ばれていたのだが、公爵より「エステル」と名付けられたのであった。

前世は女子大生だったという記憶がある。

アイン・カスティージョ公爵

エステルの父親。

エステルの養育費を払うことを拒否した代わりに、エステル本人を2万ゴールドで買い取る。

冷血公爵として周囲を恐れさせているが、娘のエステルを溺愛している。

カルル・カスティージョ

エステルの兄にあたる存在。

父と同じくエステルのことを気にかけており、かなり甘い。

「ある日、私は冷血公爵の娘になった」の1話〜最新話のネタバレがコチラ

「ある日、私は冷血公爵の娘になった」の1話のネタバレ

娼婦の母は、カスティージョ公爵のもとへ怒鳴り込みに行くのであった。

娘の養育費を請求する為である。

しかし公爵は、その申し出をあっさりと断り、その代わりに娘を2万ゴールドで買うというのだった。

娘は馬車に乗り城へと向かう中、執事から名前を問われるのだが、自分の名前は記憶になくピンクアイとだけ呼ばれていたこと明かしたのである。

娼婦に育てられた娘の生活はひどいもので、男を連れ込む日には鍵をかけた狭い箱に閉じ込められ、そのまま眠りにつくという日々であった。

その状況が辛すぎるあまりか、前世の自分は女子大生のユイであったという記憶まで蘇ったというのである。

そうしているうちに、公爵家へと到着し部屋へと案内されたのだが、そこは広い一室であり高い天井にはシャンデリア、家具はキラキラと輝いており、娘は驚きのあまりつい汚い言葉で感動を表現してしまうのであった。

これには執事も凍りつき、彼女のこれまでの生活を察することとなった。

そこへやって来たのは、今日から世話役になったというとても優しそうな女性アニー。

アニーはお風呂に入れてくれたり、傷んだ毛先を整えてくれたりと至れり尽くせり。

そして彼女は、後に「エステル」という名前を授かることになる。

▶▷ネタバレ一覧はコチラ

「ある日、私は冷血公爵の娘になった」の2話のネタバレ

エステルとは「星」を意味するのだそうだ。

何故自分にそんな名前が与えられたのか、そんなことを考えながら空を眺めていた。

公爵家での生活にも少しずつ慣れ始めたエステルは、屋敷を探検することが楽しみの一つとなていた。

そんなある日、これまで見たことが無かった部屋を見つけ、そっと中に入ると、そこにはなんと熱にうなされる男の子の姿があったのだ。

男の子の顔はどこか公爵に似ている。

エステルは急いで冷たいタオルを準備し額にあて、そのまま午前中はずっとそばで見守るのであった。

昼食前に自分の部屋へ戻ったエステルは、解熱剤の場所をアニーから聞き、処方の仕方も一緒に教わるのであった。

そしてアニーが部屋を出て行った隙を見はからい、棚に登って解熱剤を取り出し、急いで男の子の部屋へ向かい、水に溶いて薬を飲ませてあげたのである。

するとその時、男の子は目を覚まし、むせながらエステルに近づき腕を強く握るのであった。

この部屋には、誰も入るなと言っていたからである。

▶▷ネタバレ一覧はコチラ

「ある日、私は冷血公爵の娘になった」の3話のネタバレ

男の子はエステルのことを不審がっており、腕を握る力が次第に強くなる。

エステルは、公爵様に買われたということだけを伝え、手を振り払い、急いで逃げるのであった。

その後、部屋へ戻ったエステルはアニーから、この家にはお兄様が住んでいるという新事実を耳にすることになる。

もし先ほどの男の子がお兄様なら、今後絶対いじめられてしまうと考えたエステルは、謝りに行くことを決意し、寝ているであろう深夜を狙って、もう一度あの部屋へ向かうのであった。

そっと部屋へ侵入したのだが、後ろから急に声をかけられ、叫び声を上げてしまう。

男の子は起きており、何しに来たのかと尋ねられるのだが、準備しておいた花束を差し出し、勝手に部屋に入ったことに対する謝罪を述べるのであった。

その態度を見た男の子は少し心を許し、カスティージョ家にまつわる話を聞かせてくれたのである。

黒髪に赤い目が特徴で、それは祖先の魔族の血が流れている証なのだそうだ。

それを聞いたエステルは、自分の目がピンクだということに違和感を覚えるのであった。

男の子は自分の名前をカルルと名乗り、さらにエステルへの興味を持ち出し、これまでの苦労話を聞きたがった。

2人は朝方まで会話を続けてしまい、そろそろ部屋へ戻ることになり、最後に好きな食べ物を問われたエステルは「プリン」と答えた。

カルルは拍子抜けといった様子だが、また明日もここへ来るようエステルを誘うのだった。

▶▷ネタバレ一覧はコチラ

「ある日、私は冷血公爵の娘になった」の4話のネタバレ

エステルは昨日の出来事が夢のように思っていた。

ふわふわとしながらも朝食を終え、アニーへ字を覚えたいとお願いするのであった。

その後、エステルは迷路の庭園を散歩しに行くのだが、いつの間にかすっかり迷子になっており約1時間さまよってしまうのである。

そこでばったり遭遇したのはなんとカルル。

カルルは窓からエステルを見ており、道に迷っていそうだと思い、ここへ現れたというのである。

するとカルルはエステルを抱き上げ、そのまま庭園の出口まで案内するというのであった。

エステルは最初動揺するのだが、だんだんと会話を交わしていくごとに、空気は和やかになっていくのである。

そうして部屋に戻ったエステルは、あまりにも幸せな現状から、もし自分がこの家の娘じゃないとわかったら追い出されてしまうのかもしれないと、急に怖くなりはじめ、自分はみんなを騙しているのかもしれないと考え始めたのである。

涙をこらえるエステルを見つけたアニーは、急いで駆け寄りエステルを抱きしめ、優しい言葉で安心させるのであった。

▶▷ネタバレ一覧はコチラ

「ある日、私は冷血公爵の娘になった」の5話のネタバレ

昼食を済ませたエステルは、午後から森へ出かけたのだが、また迷子になってしまい、日はどんどんと暮れていくのであった。

来た道を戻ろうとするが、なかなか知った道へ出なく困っていると、先の方に少し灯りが見えたため、その灯りへ向かって進みだしたのである。

その灯りにどんどんと近づいていくと、なんとたくさんの使用人たちがエステルを捜索している灯りであった。

その中にはアニーもおり、急いでエステルの元へ駆け寄り、心配をかけたことに対して少し怒りをあらわにするのだが、エステルの表情を察し、すぐに抱きしめ安心させたのである。

その捜索にはカルルも一緒に来ており、エステルはカルルを怒らせてしまった、と感じるのであった。

城に戻ったエステルは、冷えた体を温めるためお風呂に入り、アニーにカルルへの心配を打ち明けたのである。

アニーは心配せず、明日になれば大丈夫だと励ましてくれるのであった。

翌朝、エステルに字を教える家庭教師が決まったとのことで、ハーデル=クロイツというかなり学識のある男性だというのである。

そのため、自由に遊んで過ごせる日はその日だけになってしまい、急遽エステルは何かしようかと考え、木登りをすることに決めるのであった。

大きい木を見つけたのはよかったが、うまく登れなかったため、一旦城に戻り近くの窓から飛び移るという作戦を思いつき、実践し成功するのである。

そして、高い木の上から見えた景色に感動するのであった。

しかしその時、エステルは木からの降り方がわからないことに気づいてしまったのである。

▶▷ネタバレ一覧はコチラ

「ある日、私は冷血公爵の娘になった」の6話のネタバレ

タイミングよく木の下に現れたのはカルル。

カルルから飛び降りるよう提案され、最初は焦るのだが、カルルを信じ目をつむって飛び降りようとするのであった。

するとエステルは、一瞬気を失たようになり、次に目を覚ますと、地面でカルルに抱きかかえられていたのである。

その後エステルは部屋へ戻り、アニーから簡単な手当を受けることになった。

翌日、予定通り家庭教師のハーデルが訪れ、エステルと字の勉強をすることになったのである。

一日の授業を終え、最後に質問はあるか問われたため、エステルはカスティージョ家についてもう少し知りたいと伝えるのであった。

ハーデル曰く、カスティージョ家はかなりの強さを誇っており、先祖代々受け継がれる魔族の血によって、公爵家の子どもは全員髪が黒く、赤い目をしているということを教えてもらったのである。

これを聞いたエステルは、ますます自分の存在に疑問を抱くことになるのであった。

そこへ、授業の様子を伺いにきたカルルから、二週間後にはアカデミーに戻り、そこから三ヶ月間は城へ帰ってこないということを聞かされたのであった。

冬は辛いイメージしかなかったエステルだったが、「カルルが帰ってくる」という冬の良いところを一つ見つけることが出来たのであった。

▶▷ネタバレ一覧はコチラ

「ある日、私は冷血公爵の娘になった」の7話のネタバレ

都市へ行っていた公爵が帰還したのである。

エステルはぎこちなくお辞儀をして迎えたのだが、いきなり公爵に抱き上げられ、体重が軽すぎるためしっかり食事をとっているのかと心配されるのであった。

その中には、初めて見かけた青年も混ざっており、エステルは微笑みかけられ顔を赤らめるのであった。

エステルは公爵の部屋にまで連れてこられており、二ヶ月後に狩猟大会が開かれ、そこでエステルの存在を正式発表するということを聞かされたのである。

さらに、それにあたって護衛騎士を1人つけることになり、エステル自身が選んで良いという話になった。

エステルは最初護衛を拒否するのだが、公爵から鈍くて弱くて回復力も無いと軽くののしられ、護衛は必須だと説得されるのであった。

そう言われたエステルは泣き出してしまい、ずっと気にかかっていた「自分は本当に公爵の娘なのか?」という疑問を投げ掛けたのである。

そこへ先ほどの青年が仲介役に入り、エステルがそう感じてしまうのも無理はないとフォローし、ピンクの目の子どもが生まれることは稀にある、と教えてくれた。

そして公爵から、正真正銘の娘であることを告げられ、エステルは一安心。

最後にエステルは、その仲介してくれた青年を護衛騎士に任命するのであった。

▶▷ネタバレ一覧はコチラ

「ある日、私は冷血公爵の娘になった」の8話のネタバレ

青年はエメルと名乗り、2人で部屋へ戻る間お互いの話をするのであった。

エメルは五年前からこの国の騎士になったらしく12歳の頃から働いているということを知り、エステルは純粋に驚いた。

そしてエメルは、エステルのことは自分が護衛するため何の心配もいらないと、安心させるのである。

その時、エステルは過去の苦しかった生活を思い出し、少し気分を悪くしてしまったため、少し休憩をとることになった。

そこへ現れたのはカルル。

エステルの体調は戻り、カルルに声をかけるのだが、カルルから自分のことを今後「お兄様」と呼ぶよう強要されるのであった。

さらにカルルは、これまでのエステルの粗相を一つ一つ取り上げ、エステルを言葉責めにし、最後にはエメルから離れるなと頬をつねられるのであった。

エメルはすぐにエステルのフォローに周り、カスティージョ家の娘だから大丈夫だと伝えるのである。

すると突然カルルから、準備するように言われ、馬に乗せてくれるというのであった。

▶▷ネタバレ一覧はコチラ

「ある日、私は冷血公爵の娘になった」の9話のネタバレ

馬小屋へと向かった3人。

エステルは初めて馬を見たようで、その大きさに感動するのであった。

エメルは、ひ弱なエステルが落馬すれば死んでしまうかもしれないとカルルを脅し、カルルは少し躊躇してしまい、庭をひとまわりだけすることになった。

少し先に見えた橋へ向かうのだが、途中通過していく森もカスティージョ家の敷地だと聞いたエステルは、その広大さに驚きを隠しきれない様子である。

無事橋まで到着し、馬を降りたエステルは川へ近づくと、小さな紫色の石を見つけたのである。

それは、精霊石の欠片だそうで、不思議なパワーが凝縮されておりオーラの増幅や安定にも使われるとエメルから教わり、エメルの持つ剣にも埋め込まれているというので、剣も少し見せてもらうことが出来た。

そして一行は帰路につこうとするが、エステルをどちらの馬に乗せて帰るかで少し揉め、カルルは自分の馬に乗せることを強く主張するのであった。

その夜エステルはハーデルとの授業中、カスティージョ家は魔族の血が流れているため皇帝にることは厳しいのだが、エステルだけは皇帝になれる可能性を秘めているという事実を聞かされることとなった。

▶▷ネタバレ一覧はコチラ

「ある日、私は冷血公爵の娘になった」の10話のネタバレ

ハーデル曰く、本来であれば魔族と人間の子どもというのは生まれるはずがないため、エステルの存在はかなり希少で、カスティージョ家が人間であるという証明になるということであった。

つまり、エステルはカスティージョ家にとって、最強のカードであると同時に、他国から狙われる弱点にもなり得るということなのだ。

複雑な心境の中、授業を終えたエステルは、エメルの護衛のもと部屋へ戻るのだが、日中に聞いた「オーラ」のことが気になっており、一度見てみたいと願い出るのであった。

エメルは少し躊躇しながら、手のひらを開き金色のオーラを放出させて見せた。

オーラとは人によって色が違うらしく、十年以上の鍛錬が必要で、一生かけても使えない者もいると教えてくれたのである。

さらに、カルルはなんと4歳の時にオーラを発現したというのだ。

翌日エステルは、カルルのもとへ向かいオーラを見せて欲しいと頼むと、カルルからは黒いオーラが発現し、ついでに剣も一緒に見せてもらうのであった。

その剣を手にしたエステルは、無性に剣術が習いたくなってしまうのである。

これにカルルは猛反対し、エメルでさえもフォローしきれず、まだ弓の方が良いかもしれないと話をはぐらかすのであった。

▶▷ネタバレ一覧はコチラ

「ある日、私は冷血公爵の娘になった」の131話のネタバレ

エメルとエステルは、別荘へと向かう馬車に乗っていた。

エステルは自分の意見がすんなり却下されたことに少し不機嫌な様子。

そして婚約者である自分のことを「お嬢様」と呼ぶエメルに対し「エステル」と名前で呼ぶよう修正するのであった。

するとエメルからも提案があり、それはこれからの一ヶ月を全て自分に捧げてほしいとのことだった。

やっと正式な恋人同士になれたため、この一ヶ月はお互い包み隠さず全て話し、そして契約の石についてもどうするか一緒に考えたいと伝え、これにエステルは快く承諾するのであった。

2人は大きな湖のほとりにある通称「青い別荘」へ到着し、チェスをしながら優雅で幸せな時間を過ごすのである。

次の対局で負けた方が、相手の言うことを一つ聞くというルールを設け、対局を始めるのだがこれに勝利したのはエステル。

思い切ってキスを要求するのだが、エメルはエステルのおでこにキスをするのであった。

それに拍子抜けのエステルは、エメルの胸ぐらを掴んで引き寄せ自分から口づけをし、2人は恋人になったことを改めて実感するのである。

そしてその夜、2人は近くの村の小さなお祭りに参加するのであった。

▶▷ネタバレ一覧はコチラ

「ある日、私は冷血公爵の娘になった」の132話のネタバレ

短剣投げの景品に、エステルが気に入ったウサギのぬいぐるみがあり、エメルの投げた短剣はど真ん中に命中。

エステルのために景品をとってあげるのであった。

少し足が痛くなってそうなエステルを気遣ったエメルは、飲み物を買ってくる間少し休んでおくように勧めたのである。

エステルは休憩しようとするのだが、偶然の人混みに巻き込まれ、少し離れた場所まで移動してしまうのであった。

なんとか人混みから逃れ、エメルとの約束の場所へ戻ってくると、そこにいたのは心配を超え恐怖の表情でエステルを探すエメルの姿。

そしてエステルを見つけたエメルは、一目散に駆け寄りエステルを抱きしめるのであった。

2人はこのお祭りの名物である、バルーンランタンを船に乗りながら鑑賞することにした。

空に浮かぶ無数のランタンは、とても美しい光景であり、その雰囲気のなか2人はキスをしたり距離をどんどんと縮めようとするのだが、船が木にぶつかってしまい現実に引き戻されるのであった。

そこへいきなりジェーンが現れたのである。

ずっとエステルを探してたらしく、その要件とは第二皇子リドルが来たというものであった。

▶▷ネタバレ一覧はコチラ

「ある日、私は冷血公爵の娘になった」の133話のネタバレ

エステルはエメルより先に、急いでリドルの元へ向かったのである。

父や兄に何かあったのではないかと心配していたエステルだったが、リドルから出た言葉はいきなりのプロポーズであった。

婚約者のいるエステルは何の冗談かと思うのだが、リドルの口調は本気で、エステルの腕を強く掴み、断った場合は意地でも連れていくというのである。

エステルはリドルを拒絶し引き離そうとするのだが、そこで「カスティージョ家はアルキナに危害を加えてはならない」という契約が発動してしまい、動きが止まり抵抗をやめてしまうのであった。

しかし、そこへ駆けつけたエメルがリドルをぶっ飛ばし、エステルは我に帰ったのである。

エメルは急いでエステルを抱きしめ安心させ、カスティージョ家とアルキナとの間に結ばれた契約内容を聞き、少しゾッとしてしまうのであった。

部屋に戻って休むよう言われたエステルは、先ほどの「契約」の体験を思い出し身震いしてしまうのである。

そして、カスティージョ家は先代も、父も兄も、これに苦しめられこれまで契約の石を破棄できずにいることを悔やみ、一つの仮説をたてるのであった。

精霊と二つの名前で契約した自分なら、石を破壊できるのではないかと。

▶▷ネタバレ一覧はコチラ

「ある日、私は冷血公爵の娘になった」の134話のネタバレ

雷が鳴り響く夜。

大人になったエステルだが雷はまだ怖く、そっとエメルの部屋を覗きにいくとエメルはまだ起きていた。

エメルはベッドの隣へ誘い、2人は一緒に夜を過ごすのであった。

翌朝、アン再開したエステルとエメルは、昨夜あったリドルとの一件を説明すると、アンは激怒し暴言を吐くレベル。

そしてアンは、指示通り契約の石について調査しており、契約の石の力は弱まって来ているということと、破壊に伴う対価はおそらく死、だということがわかったのだそうだ。

アンは安全に破壊する方法があるはずだと考えており、魔導士たちにも協力を求めているところであった。

エステルはアンに感謝し、少し気晴らしにみんなで散歩へ行こうと誘うのだが、2人の時間を邪魔しないという理由でエメルは断ったのである。

この時エメルは、もうこれ以上エステル1人に危険を背負わせてはならないと、考えていたのであった。

エステルはアンと散歩をしながら、もしかしたら自分は契約の石を破壊できるかもしれないと考えていることを告白する。

そしてその日、エメルの姿を見たものは誰もおらず、数日後アイリス皇女と婚約したという情報が入ってきたのである。

▶▷ネタバレ一覧はコチラ

「ある日、私は冷血公爵の娘になった」の135話のネタバレ

エメルから届いた手紙をくしゃくしゃに握り潰したエステルは、別荘に1人でいても仕方ないため、兄に迎えにきてもらい都市へ向かうことにした。

エステルは頭に来ている様子を見せるのだが、それに対しカルルが珍しく冷静なことに少し疑問を抱くのであった。

その理由とは、エメルは失踪前カルルのもとを訪れており、その際にリドルの件や婚約破棄について話していたというのだ。

リドルの件を黙っていたエステルに仕返しするかたちで、カルルも黙っていたのだという。

そこでお互い和解し、今後隠し事はしないという約束を結び、エメルはその後父上にも会いに行っていたことと、今は皇宮で暮らしているという情報をカルルは伝えるのであった。

到着してすぐに迎えてくれたのはアニー。

しかしアニーは、皇后からの伝言を預かっていると言い、それは「明日の午後エステルに会いたい」というものだった。

これには動揺するエステルとカルルであった。

その頃エメルは、アイリス皇女と一緒にいたのだが、エメルのたくらみは全て見透かされており、飲んでいた紅茶を頭の上からかけられるなど、過度な侮辱を受けていたのである。

しかしエメルは、これで良かったんだといった様子。

そしてその翌日、予定通りエステルと皇后は対面するのであった。

▶▷ネタバレ一覧はコチラ

\ ピッコマで無料で読む! /

会員登録も無料でできます☆

★コミックシーモアが今ならお得★
  • 無料会員登録で70%オフクーポンがゲットできる!
  • 最大600ptが貰えるキャンペーン実施中!

今ならあなたのお好きな漫画が実質タダで読むこともできます♪
※すでにコミックシーモアに登録された方もメールアドレスを別で用意すれば上記クーポンとキャンペーンは適用されます。

\ コミックシーモアで70%OFFクーポンゲット! /

今なら期間限定600ptも貰える!

ピッコマ |「 ある日、私は冷血公爵の娘になった」を全巻無料で読める電子書籍サイト・アプリはある?

結論から言うと「ある日、私は冷血公爵の娘になった」を全巻無料で読むことはできません。

しかし、電子書籍サイトを利用することで通常よりもお得に読むことができますよ!

ラジ

「ある日、私は冷血公爵の娘になった」を全巻無料で読める電子書籍サイト・アプリがあるかまとめてみました☆

サイト名配信状況

ピッコマ

配信あり
今すぐ読む!

待てば無料で読める!

コミックシーモア

配信なし
詳細はこちら

1冊50%OFFクーポン

BookLive!

配信なし
詳細はこちら

1冊50%OFFクーポン

eBookJapan

配信なし
詳細はこちら

6回使える半額クーポン

まんが王国

配信なし
詳細はこちら

最大50%還元

Amebaマンガ

配信なし
詳細はこちら

【期間限定】100冊半額キャンペーン中!

コミックjp

配信なし
詳細はこちら

30日間の無料体験に登録すると1,200ポイント付与

ひかりTVブック

配信なし
詳細はこちら

無料体験に登録すると1,170ポイント付与

U-NEXT

配信なし
詳細はこちら

無料体験に登録すると600pt付与

DLsite

配信なし
詳細はこちら

無料登録すると300円オフクーポン

「ある日、私は冷血公爵の娘になった」を配信しているのはピッコマのみになります。

そしてピッコマ最大の特徴である「待てば¥0」を使うことで「作品名」を完全無料で読むことができます!
※最新話が有料のケースもあるので最新情報はピッコマ公式サイトでご確認ください。

この機会にぜひピッコマで「ある日、私は冷血公爵の娘になった」を無料で読んでみてくださいね!

\ ピッコマで無料で読む! /

会員登録も無料でできます☆

まとめ

以上「ある日、私は冷血公爵の娘になった」の最新話〜全話ネタバレ一覧でした!

「ある日、私は冷血公爵の娘になった」をお得に読みたい場合はピッコマがオススメなのでぜひ、この機会にピッコマで読んでみてくださいね!

\ ピッコマで無料で読む! /

会員登録も無料でできます☆

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

ー漫画バンクの後継「漫画PLAY」の代わりにー

2021年11月4日に違法サイトである『漫画バンク』が閉鎖に追い込まれました。

その後、後継が後を立たず2022年には「漫画PLAY」が登場。

安全性は?ウイルスの危険性は?詳しく調べてみましたので以下から御覧ください。

コメント

コメントする

目次
閉じる