【ピッコマ】あの悪女には暴君が必要だ 『34話』のネタバレと感想

\ 「あの悪女には暴君が必要だ」の全話ネタバレはコチラ

ピッコマで配信されている「あの悪女には暴君が必要だ」の34話のネタバレと感想・考察記事になります。

目次

ピッコマ漫画 | あの悪女には暴君が必要だ『34話』のネタバレ

ビイの忠告

これは前世での記憶だろうか。

ビイがメリベルのもとになってきて、警告をしている。

アリネルが、陰口を言っていると。

でも、それはただ怒っているだけと高をくくっていた。

陛下と結婚し、自分が皇后になってしまったから。

彼の忠告を真剣に受け止めていれば…

それでもなお、ビイはメリベルのために注意を促した。

皇后候補だったラリエットは殺されたと。

そんなことですら、笑って聞き流してしまった。

大切なアリネルをそんな風に言うなんてと…

ラジ

前世ではアリネルを信じてたんだもんね…

メリベルははっと目を覚ました。

どうして忘れていたのだろうか。

自分は皇后だったのだ。

でも、どうやら今見た過去の記憶と、今回の人生では少し違うようだ。

もっとよく思い出そうとするが、頭がずきずきする。

とてもこれ以上は考えられそうにない。

助けを求めるラリエット

メリベルを呼ぶ声がする。

痛む頭を抑えながら振り返ると、ラリエットがいた。

メリベルの様子を心配しているようだ。

2人で外の空気を吸いに、庭園に出ることにした。

何か言いたげにもじもじしているラリエット。

中々話し出さない彼女に、メリベルはその場を去ろうとする。

ようやく重い口を開けたラリエット…

アリネルに、そそのかされたと弁解をする。

陛下にメリベルについて忠告をしたことで、罰を受ける羽目になったと。

国のためになると信じての行動であったのだと言った。

そんな彼女に、メリベルは腕をくみ冷たく対応する。

ラリエットは、このままでは自分の一族は終わりだと言う。

そして、メリベルの手を握り、必死に助けを求めてきた。

庭園を散歩していたアシルの前に、メリベルが現れる。

アシルは思わず顔を赤くする。

上機嫌なメリベルをみて、心の中に不思議な気持ちを抱く…

ねお

ラリエットのこと、どうするんだろう?

▶▷続きはピッコマで…

◀前話今読んでいる話次話▶
33話34話35話

▶▷全話のまとめ一覧はコチラ

★コミックシーモアが今ならお得★
  • 無料会員登録で70%オフクーポンがゲットできる!
  • 最大600ptが貰えるキャンペーン実施中!

今ならあなたのお好きな漫画が実質タダで読むこともできます♪
※すでにコミックシーモアに登録された方もメールアドレスを別で用意すれば上記クーポンとキャンペーンは適用されます。

\ コミックシーモアで70%OFFクーポンゲット! /

今なら期間限定600ptも貰える!

漫画バンクの代わりにおすすめの電子書籍サイト

2021年11月に漫画バンクはKADOKAWA、講談社、集英社、小学館の出版4社が声を上げたことで閉鎖となりました。

今回はそんな漫画バンク難民の為に漫画バンクの代わり読める漫画サイトをまとめてみました。

>>漫画バンクの後継漫画PLAYの代わりになる電子書籍サイトを紹介!

ピッコマ漫画 | あの悪女には暴君が必要だ『34話』の感想

時間が戻る前の前世でメリベルは、皇后だったんですね!

そして、アリネルについてビイが必死に警告をしてくれていたなんて…

その忠告をちゃんと聞いていれば、死なずにすんだのかもしれないのに。

そして、アシルのメリベルへの変化が見られ、ドキドキの展開です。

まとめ

以上、「あの悪女には暴君が必要だ」の34話のネタバレ記事でした!

「あの悪女には暴君が必要だ」の全話ネタバレを別記事でまとめているので、気になる方はぜひ合わせて御覧ください!

\ 「あの悪女には暴君が必要だ」の全話ネタバレはコチラ

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

ー漫画バンクの後継「漫画PLAY」の代わりにー

2021年11月4日に違法サイトである『漫画バンク』が閉鎖に追い込まれました。

その後、後継が後を立たず2022年には「漫画PLAY」が登場。

安全性は?ウイルスの危険性は?詳しく調べてみましたので以下から御覧ください。

コメント

コメントする

目次
閉じる