【ピッコマ】悪役するのもめんどくさくて『24話』のネタバレと感想

\ 「悪役するのもめんどくさくて」の全話ネタバレはコチラ

ピッコマで配信されている「悪役するのもめんどくさくて」の24話のネタバレと感想・考察記事になります。

目次

ピッコマ漫画 | 悪役するのもめんどくさくて『24話』のネタバレ

メインキャラとの接触はお断り

オリビアがスマハルアカデミーに入学して早々。

厄介な人物がオリビアを訪ねて来た。

何通か手紙をやり取りして以降、そのままになっていたジョルジオである。

ラジ

やっぱり、ジョルジオの方から会いに来たね

学内で有名人であるジョルジオと一緒にいるだけで注目を浴びてしまい、嫌気がさすオリビア。

ひとまずジョルジオを連れ出すことにした。

剣術学部の棟を出るも、オリビアは依然としてジョルジオと敷地内を歩くだけで好奇の視線にさらされる。

照れているのかと調子づくジョルジオにイライラするオリビアだが、彼は小説のサブ主人公。

深く関わっては、小説の主人公である皇太子とも遭遇してしまうかもしれないと考える。

穏便に済ませた方が良いと判断し、ジョルジオを食事に誘った。

オリビアからのお誘いに浮足立ったジョルジオだが、現実をつきつけられて呆然。

食事といっても、アカデミーの食堂に連れて来られただけだったのだ。

気を取り直して、オリビアのために気を配るジョルジオ。

明らかに1人分とは思えないほど大量の料理を運んできた。

どうすれば今後の接触の機会を減らせるか考えるオリビア。

ジョルジオの剣ダコ知らずな手を見て、今は剣を振っていないのかと感じる。

オリビアの視線で言いたいことを察したのか、ジョルジオは剣術を習うのはやめたと話した。

なんでも彼の剣術の師匠という人から、才能がないと言われてしまったらしい。

会いたくなかった人物その2

オリビアは、小説で策士とされているジョルジオだからこそ、作者は彼に剣の才能は与えなかったのだとある意味納得。

そして、ジョルジオには確かな頭脳があるから気にすることはないと告げた。

何の気なしの言葉だったが、ジョルジオにとってはこれが嬉しかった様子。

自分が知っているオリビアの良い所についても語るが…

オリビアは勝手に皮肉と受け取って、怒ってしまった。

会いに来られても迷惑だとジョルジオに冷たく言い放ち、彼の弁解を聞こうともせず席を立つ。

そのまま食堂を出ようとしたその時…

小説のヒロインであるアドリアーヌ・ボナパルとぶつかってしまった。

原作では1年前に起きるはずの出来事が、今になって再現されたのだ。

ねお

小説の出来事は回避できないの?!

▶▷続きはピッコマで…

◀前話今読んでいる話次話▶
23話 24話25話

▶▷全話のまとめ一覧はコチラ

★コミックシーモアが超お得!★
  • 無料会員登録で70%オフクーポンがゲットできる!
  • コミックシーモア公式LINEに登録で必ず500ptが貰える!

今ならあなたのお好きな漫画が実質タダで読むこともできます♪
※すでにコミックシーモアに登録された方もメールアドレスを別で用意すれば上記クーポンとキャンペーンは適用されます。

\ コミックシーモアで70%OFFクーポンゲット! /

今なら期間限定600ptも貰える!

漫画バンクの代わりにおすすめの電子書籍サイト

2021年11月に漫画バンクはKADOKAWA、講談社、集英社、小学館の出版4社が声を上げたことで閉鎖となりました。

今回はそんな漫画バンク難民の為に漫画バンクの代わり読める漫画サイトをまとめてみました。

>>漫画バンクの後継漫画PLAYの代わりになる電子書籍サイトを紹介!

ピッコマ漫画 | 悪役するのもめんどくさくて『24話』の感想

見るからに優しそうなアドリアーヌが登場!

華は、オリビアやゼスミアの方があるかなといった印象です。

主人公たちとの関わりを極力避けるため、わざわざ入学時期をずらしたオリビアですが…。

小説の登場人物としてオリビアは死亡フラグを回避できない運命にあるのでしょうか?

まとめ

以上、「悪役するのもめんどくさくて」の24話のネタバレ記事でした!

「悪役するのもめんどくさくて」の全話ネタバレを別記事でまとめているので、気になる方はぜひ合わせて御覧ください!

\ 「悪役するのもめんどくさくて」の全話ネタバレはコチラ

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

ー漫画バンクの後継「漫画PLAY」の代わりにー

2021年11月4日に違法サイトである『漫画バンク』が閉鎖に追い込まれました。

その後、後継が後を立たず2022年には「漫画PLAY」が登場。

安全性は?ウイルスの危険性は?詳しく調べてみましたので以下から御覧ください。

コメント

コメントする

目次
閉じる