【ネタバレあり】悪役令嬢と鬼畜騎士 連載版 | とんでもない転生をしてしまったツェツィーリアの運命は…

\ コミックシーモアで半額で読む! /

無料会員登録で半額クーポンが貰える!

乙女ゲームの悪役令嬢に転生していることに気づいたツェツィーリア。

既に手遅れで婚約破棄され、娼婦へと堕とされてしまいます。

最初の客はヒロインの幼馴染・騎士団副団長ルカスで…

そんな『悪役令嬢と鬼畜騎士 連載版』を読んだので、あらすじをネタバレしていきます!

※本記事は「悪役令嬢と鬼畜騎士 連載版」のネタバレを含みます※

\ コミックシーモアで半額で読む! /

無料会員登録で半額クーポンが貰える!

【試し読みは画像をタップ!】

▽   ▽   ▽

▶▷試し読みはコチラ

目次

「悪役令嬢と鬼畜騎士 連載版」のネタバレ

転生していた

とてもカッコいいルカス伯爵に、ツェツィーリアは来てくれた感謝を伝える。

聞き間違えかと思ったツェツィーリアは、彼にもう一度確認する。

するとルカスは、ツェツィーリアの一晩を購入したと答えた。

ツェツィーリアは、最近乙女ゲームの悪役令嬢に転生していたことに気づいてしまった。

普通の女子大生だったことを思い出したのは処刑される前日。

目を覚まして鏡を見るが、これは現実のようだ。

転生したゲームはかなり遊んでいて、自分がどんなキャラなのかよく分かっている。

婚約破棄・絶縁された後だったので、もうどうすることもできない。

今までの行動を思い返してみると、ヒロインにひどいことをしている。

ヒロインに想いを寄せている王子に嫌われているのは、仕方ないと思っていた。

そして元婚約者からも適当な理由で、破棄されてしまったのだ。

悪役令嬢を引き取ってくれる所が見つからなかった時、ヒロインに娼館に送られたツェツィーリア。

ラジ

大変な転生をしてしまったようね…

ついに娼婦デビュー

ツェツィーリアの娼婦デビューが決定した。

指名してくれたのは青薔薇の騎士で、ツェツィーリアの表情が引き攣った。

その騎士は、ヒロインの敵に容赦しない鬼畜な隠しキャラだったのだ。

公爵家の次男・ルカスは王位継承権を持っているのに、次男という理由で騎士を目指す。

18歳で王族警護を任命され、入団1年で副団長にまでなったすごい人だ。

ツェツィーリアが記憶を失っていたことに、婚約者として警護してもらったことがある。

その後の卒業パーティーで婚約破棄された時、彼から鋭く睨まれたのを覚えていた。

ゲームの中では、キャラを攻略していく途中で出張ってくるキャラだ。

伯爵令嬢のヒロインと彼は、幼馴染で子供の時から仲良し。

ヒロインが好きなわけではないが、ヒロインを守るためにストーカーのように登場する。

ねお

鬼畜っぽさはあまり感じないけど…

そんなルカスが鬼畜と呼ばれている理由は、ヒロインの敵にはとんでもなく厳しいからだった。

ヒロインを誘拐した男たちには、二度とそんなことができないように手足の腱を砕いたり…

夜会でヒロインにセクハラをした男は、夜会の後全裸で縛られている所を発見された。

ヒロインに嫉妬して手を出した令嬢たちにも、ルカスは容赦なかった。

不安と怖さ

ツェツィーリアは初めての客がルカスで、何もしていないはずだと思い返す。

大丈夫なはずだけど、少しだけ不安もある。

ルカスがなぜツェツィーリアを指名したのかは謎だけど、一晩乗り越えれば良いだけだ。

ついにツェツィーリアは覚悟を決めた。

まずは会話で時間を稼ごうとするが、なかなか続かず困ってしまう。

一晩を精一杯楽しむために、ルカスは食事と風呂を事前に済ませてきていた。

ルカスは名前を呼んで、優しくするので安心してと伝える。

初めての相手を忘れないでほしいので痛くすると言い、ルカスは指を噛んだ。

やっとこの時がと目を輝かせながら、ツェツィーリアにキスをした。

ラジ

ルカスはツェツィーリアを好きなのかしら…?

ツェツィーリアが少し待ってと伝えると、ルカスは鋭い目線で嫌かと聞いてくる。

涙目で初めてでどうすればいいのか分からないと言ったら、ベッドに押し倒された。

そしてキスが初めてか確認されるので、ツェツィーリアは怯えてしまう。

初めて

キスや胸を揉まれるのは初めてかと聞かれ、ツェツィーリアはそんなことはと言い返してしまった。

貴族社会でそのような行為は御法度で、そういう関係になれば即結婚になる。

しかしツェツィーリアと殿下の間には、一度もそういうことはなかったのだ。

ルカスは確認したいだけだから、怒らないでとなだめる。

ツェツィーリアは、全てルカスが初めてだと答えた。

するとルカスは嬉しそうな笑顔になった。

ツェツィーリアに着ているドレスは、他の男からもらったものかと尋ねる。

そうだと答えたら、ルカスはドレスをナイフで切り裂いた。

ねお

所々怖くなるのがね…

ルカスは新しいドレスをプレゼントするから、すぐに脱いでと言う。

ツェツィーリアは、今度こそ殺されるかもしれないと思った。

するとルカスは、ツェツィーリアに今から抱くと告げたのだった。

\ コミックシーモアで半額で読む! /

無料会員登録で半額クーポンが貰える!

【試し読みは画像をタップ!】

▽   ▽   ▽

▶▷試し読みはコチラ

【悪役令嬢と鬼畜騎士 連載版】を読むことができる電子書籍サイトの配信状況

『悪役令嬢と鬼畜騎士 連載版』を読むことができる電子書籍をサイト調べてみました…!

結論『コミックシーモア』で読むのが一番オトクという事がわかりました!

『悪役令嬢と鬼畜騎士 連載版』を読むならコミックシーモアが断然お得です!

以下各種電子書籍サイト、アプリでの「悪役令嬢と鬼畜騎士 連載版」の配信表になります。

サイト名配信状況

コミックシーモア

半額!
今すぐ読む!

1冊50%OFFクーポン

BookLive!

配信あり
詳細はこちら

1冊50%OFFクーポン

eBookJapan

配信あり
詳細はこちら

6回使える半額クーポン

まんが王国

配信なし
詳細はこちら

最大50%還元

Amebaマンガ

配信あり
詳細はこちら

【期間限定】100冊半額キャンペーン中!

コミックjp

配信あり
詳細はこちら

30日間の無料体験に登録すると1,200ポイント付与

ひかりTVブック

配信あり
詳細はこちら

無料体験に登録すると1,170ポイント付与

U-NEXT

配信あり
詳細はこちら

無料体験に登録すると600pt付与

コミックシーモアは無料登録をすることで、半額オフのクーポンを手に入れることができます!

このクーポンを使う事で、『悪役令嬢と鬼畜騎士 連載版』が1冊82円で読むことができるので通常よりお得に読めますよ!

このキャンペーンはいつまで続くかわからないので、ぜひ今うちに登録して読んでみてくださいね!

\ コミックシーモアで半額で読む! /

無料会員登録で半額クーポンが貰える!

コミックシーモアの特徴

コミックシーモアのここがすごい!
  1. 会員登録無料!
  2. 無料で読める漫画が約20,000冊!
  3. 無料会員登録すると半額クーポンが貰える!
  4. 83万冊以上の取り揃え
  5. 先行配信の配信数が業界No1

コミックシーモアは無料会員登録することで半額オフクーポンを貰うことができます。

なのでそのクーポンを使うことによって「悪役令嬢と鬼畜騎士 連載版」をお得に読むことができますよ!

更に、コミックシーモアは無料で読める漫画が20,000冊もあるので、お金を書けずにも沢山の漫画を読むことができるのも特徴です。

更にコミックシーモアはBL/TL/恋愛マンガなど女性向けの作品が非常に豊富なので、BLやTLなどの恋愛漫画系のジャンルがお好きな方は間違いなくコミックシーモアがおすすめですよ!

\コミックシーモア会社情報/

運営会社NTTソルマーレカブシキガイシャ
運営歴2003年(2003年11月サービス開始)
総書籍数83万冊以上
取り扱いジャンル少年・青年漫画、少女、女性漫画、TL、BL、ラノベ、シーモアオリジナル
支払い方法クレジットカード、コンビニ払い、ネットバンク、電信マネー

コミックシーモアに登録して「悪役令嬢と鬼畜騎士 連載版」を読む手順を解説

\ コミックシーモアで半額で読む! /

無料会員登録で半額クーポンが貰える!

【試し読みは画像をタップ!】

▽   ▽   ▽

▶▷試し読みはコチラ

ラジねお的オススメ漫画TOP6(ネタバレあり)

作品名

オススメ度

評価 :5/5。

評価 :5/5。

評価 :4.5/5。

評価 :4/5。

評価 :4/5。

まとめ

以上「悪役令嬢と鬼畜騎士 連載版」のネタバレ記事でした。

文章ではなくて実際に絵付きでみたい!という場合はコミックシーモアで読んで見てくださいね!

「悪役令嬢と鬼畜騎士 連載版」を半額で読めるのはコミックシーモアの大きな特典なので、この機会にぜひ読んでみてください!

\ コミックシーモアで半額で読む! /

無料会員登録で半額クーポンが貰える!

\★インスタもやってるからフォローしてね★/

よかったらシェアしてね!

ー漫画バンクの後継「漫画PLAY」の代わりにー

2021年11月4日に違法サイトである『漫画バンク』が閉鎖に追い込まれました。

その後、後継が後を立たず2022年には「漫画PLAY」が登場。

安全性は?ウイルスの危険性は?詳しく調べてみましたので以下から御覧ください。

コメント

コメントする

目次
閉じる