【ピッコマ】「悪役令嬢のモテ期」『38話』のネタバレと感想

\ 「悪役令嬢のモテ期」の全話ネタバレはコチラ

ピッコマで配信されている「悪役令嬢のモテ期」の38話のネタバレと感想・考察記事になります。

目次

ピッコマ漫画 | 「悪役令嬢のモテ期」『38話』のネタバレ

ピンチに現れた救世主

迷霧の森に入る前、ソフィアはデュークから助言を受けていた。

もし自分より先に目が覚めた場合、霧が濃い方向へと向かいここの住民に助けを求めて欲しいということだった。

ここの住民が持っている「滅魂鳥の血」を使えば、意識が保てるというのだ。

それともう一つ。

「もし自分が暴走した場合はすぐに逃げろ。」

まさに今その事態に直面していた。

デュークの様子が明らかにおかしく、自分の首はわしづかみにされ持ち上げられているソフィア。

意識がだんだんと遠のいていく。

その時だった。

一筋の赤い一閃が上空から勢いよく降ってきたのだ。

グレンだ。

その凄まじい勢いに、デュークは後方に吹き飛びソフィアの首からは手が離れた。

そうして睨み合うグレンとデューク。

ソフィアは急いでグレンの元へ駆け寄った。

しかしだ。

グレンの様子もおかしいのだ。

なんとグレンも迷霧の森によって、幻想を見せられている様子だった。

一触即発。

この状況はとにかくまずいと感じたソフィア。

一刻も早く2人を正気に戻すため、急いで霧の濃い方向へと駆け出そうとした。

ラジ

かなり緊迫した状況になってきたよ!

霧の濃い方向へと向かったその先に

ダメもとだが、自分が戻るまで2人とも怪我をしてはいけないとソフィアは伝えた。

一瞬動きが止まりこちらを見る2人。

耳は聞こえているらしい。

そしてデュークに言われた通り、霧の濃い方へと走っていく。

しかし辺りの霧はどこも濃いすぎて、向う方向が全くわからないソフィア。

その時なぜかいきなり、左手に痛みが走った。

印記が光っていたのだ。

ここにくる前、影井が言っていた言葉を思い出した。

物理的な攻撃からは守れないが、ソフィアの理性を保つことはできる、というアレだ。

精神攻撃に抗う力は、外から助力できるということなのだ。

つまり、より痛みを感じる方角に濃い霧が集まっているということだと推測したソフィア。

それを頼りに、また走り出した。

しかしその時。

あのリボンがソフィアの横を飛んでいったのである。

!?

クレアが近くにいるということか?

大声で呼びかけるソフィア。

そしてふと見上げると、崖の淵で背中向きに立っているクレアを見つけた。

とうとうクレアを発見したのだ。

しかし喜んだのも束の間、そのクレアが、、、

ねお

やっと見つけたのに何!?どうしたの?

▶▷続きはピッコマで…

◀前話今読んでいる話次話▶
37話38話39話

▶▷全話のまとめ一覧はコチラ

★コミックシーモアが今ならお得★
  • 無料会員登録で70%オフクーポンがゲットできる!
  • 最大600ptが貰えるキャンペーン実施中!

今ならあなたのお好きな漫画が実質タダで読むこともできます♪
※すでにコミックシーモアに登録された方もメールアドレスを別で用意すれば上記クーポンとキャンペーンは適用されます。

\ コミックシーモアで70%OFFクーポンゲット! /

今なら期間限定600ptも貰える!

漫画バンクの代わりにおすすめの電子書籍サイト

2021年11月に漫画バンクはKADOKAWA、講談社、集英社、小学館の出版4社が声を上げたことで閉鎖となりました。

今回はそんな漫画バンク難民の為に漫画バンクの代わり読める漫画サイトをまとめてみました。

>>漫画バンクの後継漫画PLAYの代わりになる電子書籍サイトを紹介!

ピッコマ漫画 | 「悪役令嬢のモテ期」『38話』の感想

デュークの状態が緊迫していたところに、グレンも迷霧にやられてしまい、またその流れでクレアも登場と、かなり盛り込まれた内容になった印象です。

まともな人物がソフィアしかいない状況に思えます。

この後待ち受ける、ソフィアの運命が心配でなりません。

こんな3人を、ソフィアの力だけで無事に救うことが出来るのでしょうか?

これが今後の見どころのように思います。

まとめ

以上、「悪役令嬢のモテ期」の38話のネタバレ記事でした!

「悪役令嬢のモテ期」の全話ネタバレを別記事でまとめているので、気になる方はぜひ合わせて御覧ください!

\ 「「悪役令嬢のモテ期」の全話ネタバレはコチラ

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

ー漫画バンクの後継「漫画PLAY」の代わりにー

2021年11月4日に違法サイトである『漫画バンク』が閉鎖に追い込まれました。

その後、後継が後を立たず2022年には「漫画PLAY」が登場。

安全性は?ウイルスの危険性は?詳しく調べてみましたので以下から御覧ください。

コメント

コメントする

目次
閉じる