【ピッコマ】「悪役令嬢のモテ期」『36話』のネタバレと感想

\ 「悪役令嬢のモテ期」の全話ネタバレはコチラ

ピッコマで配信されている「悪役令嬢のモテ期」の36話のネタバレと感想・考察記事になります。

目次

ピッコマ漫画 | 「悪役令嬢のモテ期」『36話』のネタバレ

迷霧の森の恐ろしさ

蝶々を辿って進んできた3人だったが、とうとう蝶々が止まってしまった。

かなり進んだ様子だったが、そこは森の中で、当然クレアの姿も見当たらない。

デュークは悪い予感がしていた。

今3人はシューベルト領地の境にある「迷霧の森」まで来ているというのだ。

それを聞いたソフィアは驚いた。

シューベルト領域まで、1週間はかかると言われいたからである。

それに対しデュークは、遠回りをすればそうなるだけであり、迷霧の森を抜ければすぐに辿り着けるというのだ。

しかし迷霧の森は危険すぎるため、基本は誰も通らないということであった。

誰かが意図的に、ここへ誘導したのだと考えているデューク。

7級以下の魔獣なら戦えると、自信ありげなグレン。

デュークいわく、ここは魔物の襲撃が危険なのではなく、人間の意志を惑わすということだった。

自分が最も恐れている情景を見せられる、というのだ。

これに対し、怯えているのかと挑発するグレン。

しかしデュークは、正直に怯えていると回答した。

その答えに呆れたグレンは、仲間を見捨てることは出来ないと、迷霧の森へと進んでいくのであった。

ラジ

さすがグレン。しかし大丈夫なのか?

自分が最も恐れを抱く情景

ソフィアはグレンを止めようとするのだが、それを振り払いグレンは進んでいくのであった。

その場にとどまったソフィア。

グレンについて行かなくていいのかと質問するデューク。

グレンの強さはある程度信用しているが、今のデュークは明らかにおかしく、心配だと告げるソフィア。

デュークを一人、ここに置いていくことは出来ないと言うのだ。

驚いたデューク。

デュークは少し時間が欲しいとソフィアに告げた。

木に寄りかかって腰を下ろしたデューク。

少し震えていた。

それに気づいたソフィアは何気なく近寄り、その震える手に自分の手を添えた。

一瞬時が止まる。

慌てて手を離すソフィア。

デュークは何のつもりだといった様子。

しかしその行動のおかげで空気が和み、デュークは立ち上がり出発することができた。

迷霧の森に入ったら、30秒以内に幻覚に襲われるというのだ。

目覚める時は、いつになるかわからない。

デュークは、もし自分より早く目覚めたら自分を起こすようソフィアに頼んだ。

ソフィアは自分が何を一番恐れているのかよくわかっていた。

そのうえで、デュークより早く目覚めることができるという強い意志があった。

目をつむるソフィア。

。。。

なんとソフィアは何も感じないのである。

ソフィアは目を開け、デュークの方を見る。

デュークの様子は異様だった。

呆然と立ち尽くし、瞳は赤く光り、そこには涙が流れていた。

デュークは完全に幻覚に襲われてしまっていたのだ。。。

ねお

デュークが危ない!!

▶▷続きはピッコマで…

◀前話今読んでいる話次話▶
35話36話37話

▶▷全話のまとめ一覧はコチラ

★コミックシーモアが今ならお得★
  • 無料会員登録で70%オフクーポンがゲットできる!
  • 最大600ptが貰えるキャンペーン実施中!

今ならあなたのお好きな漫画が実質タダで読むこともできます♪
※すでにコミックシーモアに登録された方もメールアドレスを別で用意すれば上記クーポンとキャンペーンは適用されます。

\ コミックシーモアで70%OFFクーポンゲット! /

今なら期間限定600ptも貰える!

漫画バンクの代わりにおすすめの電子書籍サイト

2021年11月に漫画バンクはKADOKAWA、講談社、集英社、小学館の出版4社が声を上げたことで閉鎖となりました。

今回はそんな漫画バンク難民の為に漫画バンクの代わり読める漫画サイトをまとめてみました。

>>漫画バンクの後継漫画PLAYの代わりになる電子書籍サイトを紹介!

ピッコマ漫画 |「悪役令嬢のモテ期」『36話』の感想

新たな展開が待っていました。

正直な感想を言うと、過去のトラウマを幻覚で見せるパターンは結構ありがちな印象です。

とはいえ、予想通りデュークはしっかりハマってしまったし、また先に行ったグレンも少し気になります。

また、クレアの居場所は??

緊迫した展開となってきました。

まとめ

以上、「悪役令嬢のモテ期」の36話のネタバレ記事でした!

「悪役令嬢のモテ期」の全話ネタバレを別記事でまとめているので、気になる方はぜひ合わせて御覧ください!

\ 「悪役令嬢のモテ期」の全話ネタバレはコチラ

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

ー漫画バンクの後継「漫画PLAY」の代わりにー

2021年11月4日に違法サイトである『漫画バンク』が閉鎖に追い込まれました。

その後、後継が後を立たず2022年には「漫画PLAY」が登場。

安全性は?ウイルスの危険性は?詳しく調べてみましたので以下から御覧ください。

コメント

コメントする

目次
閉じる