【ピッコマ】「悪役令嬢のモテ期」『31話』のネタバレと感想

\ 「悪役令嬢のモテ期」の全話ネタバレはコチラ

ピッコマで配信されている「悪役令嬢のモテ期」の31話のネタバレと感想・考察記事になります。

目次

ピッコマ漫画 | 「悪役令嬢のモテ期」『31話』のネタバレ

ストーリー展開の異変

こんな夜中に現れたことに対して怒るソフィア。

さらには、二ヶ月間も放置されていたことに対しても怒りだしていた。

そこには初対面の男性も来ており、彼は会社の最高技術責任者である江口だと紹介される。

ゲームのプログラムに問題が起きたため、今回はついてきてもらったのだという。

2人は軽く挨拶を交わし、早速本題に入る。

江口からの質問は単刀直入。

それは、ストーリ展開に異変がないかというものだった。

ソフィアは、変なところだらけではあるのだが、一番違うのはデューク(皇太子)とクレアの性格だと答えた。

原作とは全く違う印象だと告げる。

その答えを察していたかのような江口。

そして、プレイヤーには知らされていないのだが、実は各キャラのヒロインに対する好感度が数値化されているという。

その数値をもとに、ソフィアへの態度や行動が変わってくる設定になっているそうだ。

実はデュークからソフィアへの好感度はほぼ底辺で、嫌悪のレベルであったことを知らされる。

反対にクレアからの好感度は数十倍も高く、もはや信仰のレベルになっているというのだ。

しかしこれが、プログラムのバグならまだ良いのだと言う。

ラジ

ということはどういうことだ?

問題の原因はデュークかクレアか?

本当に恐れているのは、裏に潜んでいる更なる問題だと言うのだ。

これに関してソフィアは、自分の行動に思い当たる点があった様子。

それは、母の存在に関する調査を、デュークに依頼した件である。

それが確定事項ではないと江口は告げた。

そもそも、この好感度が異常な数値を示したタイミングで、ゲーム外からソフィアにコンタクトを取ろうとしていたらしい。

しかし、突然防御システムが強化され、連絡ができなくなってしまったというのだ。

そして、その防御システムをかわす方法を模索し、二ヶ月が経過したということだった。

それが今回の作戦である、コードをウサギで偽装し潜入するという方法だ。

つまり何者かが、外界からの干渉を妨げている恐れがあると考えていた。

そう考えると怪しいのはデュークかクレアである。

だが江口は、これほど大きな力を操るには通常キャラクターでは厳しく「神」でもなければ無理だと言うのだ。

神と聞いたソフィアが真っ先に思い浮かんだのは、シューベルト家。

シューベルト家へ向かうイベントは、偶然発生したものではなかったということか。

そこで、ゲーム内に滞在できる時間の限界が来た様子。

今後のソフィアの身を案ずると共に、大切なメッセージを一つ付け加えた。

ねお

かなり深刻な問題になってきたね。

▶▷続きはピッコマで…

◀前話今読んでいる話次話
30話31話32話

▶▷全話のまとめ一覧はコチラ

★コミックシーモアが今ならお得★
  • 無料会員登録で70%オフクーポンがゲットできる!
  • 最大600ptが貰えるキャンペーン実施中!

今ならあなたのお好きな漫画が実質タダで読むこともできます♪
※すでにコミックシーモアに登録された方もメールアドレスを別で用意すれば上記クーポンとキャンペーンは適用されます。

\ コミックシーモアで70%OFFクーポンゲット! /

今なら期間限定600ptも貰える!

漫画バンクの代わりにおすすめの電子書籍サイト

2021年11月に漫画バンクはKADOKAWA、講談社、集英社、小学館の出版4社が声を上げたことで閉鎖となりました。

今回はそんな漫画バンク難民の為に漫画バンクの代わり読める漫画サイトをまとめてみました。

>>漫画バンクの後継漫画PLAYの代わりになる電子書籍サイトを紹介!

ピッコマ漫画 |「悪役令嬢のモテ期」『31話』の感想

キャラクターの性格や行動の違いは、プログラム上の異変だったということがわかりました。

シューベルト家を訪ねる旅の目的が、一つ追加されましたね。

それもかなり重要そうです。

シューベルト編が早く読みたいです。

まとめ

以上、「悪役令嬢のモテ期」の31話のネタバレ記事でした!

「悪役令嬢のモテ期」の全話ネタバレを別記事でまとめているので、気になる方はぜひ合わせて御覧ください!

\ 「悪役令嬢のモテ期」の全話ネタバレはコチラ

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

ー漫画バンクの後継「漫画PLAY」の代わりにー

2021年11月4日に違法サイトである『漫画バンク』が閉鎖に追い込まれました。

その後、後継が後を立たず2022年には「漫画PLAY」が登場。

安全性は?ウイルスの危険性は?詳しく調べてみましたので以下から御覧ください。

コメント

コメントする

目次
閉じる