【ピッコマ】「悪役令嬢のモテ期」『26話』のネタバレと感想

\ 「悪役令嬢のモテ期」の全話ネタバレはコチラ

ピッコマで配信されている「悪役令嬢のモテ期」の26話のネタバレと感想・考察記事になります。

目次

ピッコマ漫画 | 「悪役令嬢のモテ期」『26話』のネタバレ

母親ローラ・ジェラードンとは?

グレンの高圧的な態度に、ソフィアの身はすくんでいた。

皇太子がフォローするも、グレンは皇太子を部外者呼ばわり。

皇太子とグレンは少し言い合いになる。

そして皇太子は、ソフィアから受けていた依頼は、ジェラードン夫人のことだったと伝えた。

自分の母親の調査を、外部の人間に頼むということで2人の不仲を疑う皇太子。

しかしそれを遮るように、ソフィアは皇太子へ調査の結果に対する不服を突きつけた。

皇太子は薄ら笑いを浮かべ、ローラ・ジェラードンという名前の人物は、国民統計明細に存在しないと告げた。

出身地や、家系、親族関係など一切の情報が無いということである。

これにはクレアも少し思い当たる点があるといった様子だが、それに何か問題があるのかと問う。

皇太子は、これは想像以上に複雑であると直感していた。

そしてソフィアに突き詰める皇太子。

そこで黙っていたソフィアは、重い口をひらいた。

ラジ

どういうこと?お母さんは一体何者?

母の受けた呪い

それは「呪い」だというのである。

その呪いとは高級呪術であり今もなお、母親の命を少しずつ吸い取っているのだと、ソフィアは告げた。

驚いたクレアは、なぜもっと早く伝えなかったのかといった様子。

そしてここで皇太子から、四大家系についての説明があった。

2人は聞いたことはあったのが詳しくは知らなかった。

それは「青碧のデモンシール」「赤炎のジェラードン」「暗黒のサーフィル」そしてあと一つ「黄金のシューベルト」。

このシューベルト家は、時間の神の恩恵を受けているというのだ。

その効果というのは、領地内にある全ての命が、最も美しい瞬間にとどまるという、言わば不老不死である。

しかし、その家の者は少しでも領地から出てはならないという決まり事があった。

この決まりを破った場合、神の力を上回る呪いがかかってもおかしくないということなのである。

つまり皇太子が伝えたいこととは、、、

ねお

ローラはシューベルト家だった可能性があるということ!?

▶▷続きはピッコマで…

◀前話今読んでいる話次話
25話26話27話

▶▷全話のまとめ一覧はコチラ

★コミックシーモアが今ならお得★
  • 無料会員登録で70%オフクーポンがゲットできる!
  • 最大600ptが貰えるキャンペーン実施中!

今ならあなたのお好きな漫画が実質タダで読むこともできます♪
※すでにコミックシーモアに登録された方もメールアドレスを別で用意すれば上記クーポンとキャンペーンは適用されます。

\ コミックシーモアで70%OFFクーポンゲット! /

今なら期間限定600ptも貰える!

漫画バンクの代わりにおすすめの電子書籍サイト

2021年11月に漫画バンクはKADOKAWA、講談社、集英社、小学館の出版4社が声を上げたことで閉鎖となりました。

今回はそんな漫画バンク難民の為に漫画バンクの代わり読める漫画サイトをまとめてみました。

>>漫画バンクの後継漫画PLAYの代わりになる電子書籍サイトを紹介!

ピッコマ漫画 | 「悪役令嬢のモテ期」『26話』の感想

少し話が見えてきたように思いました。

四大家系という設定も登場し、この物語の世界観がより広く現れ、今後の展開に期待してしまいます。

果たして、シューベルト家と母親との関係とは!?

まとめ

以上、「悪役令嬢のモテ期」の26話のネタバレ記事でした!

「悪役令嬢のモテ期」の全話ネタバレを別記事でまとめているので、気になる方はぜひ合わせて御覧ください!

\ 「悪役令嬢のモテ期」の全話ネタバレはコチラ

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

ー漫画バンクの後継「漫画PLAY」の代わりにー

2021年11月4日に違法サイトである『漫画バンク』が閉鎖に追い込まれました。

その後、後継が後を立たず2022年には「漫画PLAY」が登場。

安全性は?ウイルスの危険性は?詳しく調べてみましたので以下から御覧ください。

コメント

コメントする

目次
閉じる