【ピッコマ】悪女は今日も楽しい『35話』のネタバレと感想

\ 「悪女は今日も楽しい」の全話ネタバレはコチラ

ピッコマで配信されている「悪女は今日も楽しい」の35話のネタバレと感想・考察記事になります。

目次

ピッコマ漫画 | 悪女は今日も楽しい『35話』のネタバレ

レイリンの黒髪

カルロス公爵から屋敷へと招待されたレイリン。

流石は帝国の二大公爵とあって、カルロス家もカンドミオン家に負けずとも劣らない豪邸だった。

パーティーで会った時とは一転して、にこやかに出迎えてくれたカルロス公爵。

ラジ

シックなドレス姿のカルロス公爵も素敵!

親近感がわいたのか、レイリンの黒髪が誰由来なのか聞いて来た。

レイリンは祖母が黒い髪をしていると答える。

また、カルロス公爵は、レイリンの父親であるカンドミオン公爵がいつも外形魔法を使っていると話す。

カルロス家の黒髪と皇室の紫眼のレイリンが見た目で血筋を疑われないようにと、カンドミオン公爵は髪と瞳の色を魔法でレイリンに寄せているというのだ。

自分の知らないところで、父がそこまで考えてくれていたことに感謝するレイリンだった。

女性の権利を主張できるのは

さらに話題にのぼったのは、先日のパーティーでの出来事である。

皇太子に向かって婚約者の権利を主張したレイリンを、カルロス公爵は応援してくれるという。

それにはカルロス家の先代にいる一人の「英雄」の話が関係していた。

彼女は、当時、社会で男性と同等の権利を主張する女性は魔女として虐げられたのを嘆き、勇敢にもその時代の皇帝に対して反乱を起こした。

世の中は暴君による支配から解放され、女性たちの地位向上に一役買ったのだ。

しかし、貴族の婚姻関係については未だ女性の方が弱い風潮にあり、淑女らしさを求められ声を上げられずにいる女性たちが我慢する一方で、既婚の貴族男性が愛人を作るのはざらだった。

そんな中で、レイリンが皇太子の不貞行為を避難するのは特別な意味を持つという。

そしてそれは公爵家の肩書きを持つレイリンだからこそ可能だと…

力ある女性貴族として、弱い者のために立ち向かうカルロス公爵の姿勢に、深く感銘を受けたレイリン。

遊んでいるばかりではなくて、これからはもっと社会に貢献できるよう勉強しなければと心に誓った。

ねお

公爵はレイリンに次世代は任せたって感じね

アイリスとの決闘を控えるレイリンに、息子を戦いの証人として送ると伝えるカルロス公爵。

レイリンさえ良ければ、その息子の結婚相手になって欲しいと思っているほどに、カルロス公爵はレイリンを気に入ったそうだ。

こうしてカルロス家を後にしたレイリンは、次なる目標を見据えていた。

◀前話今読んでいる話次話
34話35話36話

▶▷全話のまとめ一覧はコチラ

★コミックシーモアが今ならお得★
  • 無料会員登録で70%オフクーポンがゲットできる!
  • 最大600ptが貰えるキャンペーン実施中!

今ならあなたのお好きな漫画が実質タダで読むこともできます♪
※すでにコミックシーモアに登録された方もメールアドレスを別で用意すれば上記クーポンとキャンペーンは適用されます。

\ コミックシーモアで70%OFFクーポンゲット! /

今なら期間限定600ptも貰える!

漫画バンクの代わりにおすすめの電子書籍サイト

2021年11月に漫画バンクはKADOKAWA、講談社、集英社、小学館の出版4社が声を上げたことで閉鎖となりました。

今回はそんな漫画バンク難民の為に漫画バンクの代わり読める漫画サイトをまとめてみました。

>>漫画バンクの後継漫画PLAYの代わりになる電子書籍サイトを紹介!

ピッコマ漫画 | 悪女は今日も楽しい『35話』の感想

公爵令嬢の権利を大々的に行使してきたレイリンですが、そこに責任が加わりました。

カルロス公爵を味方につけて、浮気皇太子に戦闘態勢?

ヒロインだからといって勝手な振る舞いを見せるアイリスにも同時に制裁を加えるのだと思います。

カルロス公爵の息子というのも実力者のようなので、レイリンの周囲にまたイイ男が増えそうな予感♪

まとめ

以上「悪女は今日も楽しい」の35話のネタバレ記事でした!!

「悪女は今日も楽しい」の全話ネタバレを別記事でまとめているので、気になる方はぜひ合わせて御覧ください!

\ 「悪女は今日も楽しい」の全話ネタバレはコチラ

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

ー漫画バンクの後継「漫画PLAY」の代わりにー

2021年11月4日に違法サイトである『漫画バンク』が閉鎖に追い込まれました。

その後、後継が後を立たず2022年には「漫画PLAY」が登場。

安全性は?ウイルスの危険性は?詳しく調べてみましたので以下から御覧ください。

コメント

コメントする

目次
閉じる