【ピッコマ】2度目の人生はレッドカーペットで『29話』のネタバレと感想

\ 「2度目の人生はレッドカーペットで」の全話ネタバレはコチラ

ピッコマで配信されている「2度目の人生はレッドカーペットで」の29話のネタバレと感想・考察記事になります。

目次

ピッコマ漫画 | 2度目の人生はレッドカーペットで『29話』のネタバレ

ベティスの知るデロイズは…

バーネット侯爵は、もうじき自分の領地にて、試作段階の空間移動のアーティファクトの提供者と話をすることになっている。

デロイズが言うバーネット領を訪ねる時期というのが、カリッドの調べがついているバーネット侯爵とその提供者の密会の日程と一致していた。

ラジ

状況的には、デロイズがめちゃくちゃ怪しいけど…

デロイズに疑いの眼差しを向けるカリッド。

ベティスは、そんなカリッドの考えも分からないでもないが、デロイズのキャラクターをよく理解していたため、皇室のアーティファクトを盗んで詐欺まがいのようなマネはしないだろうと感じていた。

魔塔に寄ることになっているというデロイズに、詳細を尋ねるベティス。

デロイズは、魔塔へ行くのは、組合で雇っている魔術師にどうしてもと言われて渋々予定を組んだのだと明かした。

デロイズ自身は魔塔に用はなく、観光がてら取引相手でも探そうと思うとこぼすのだった。

ベティスの考えと、カリッドの返答

カリッドは、魔術師たちの不審な言動を指摘。

デロイズの連れている帝国の魔術師たちが、わざわざ王国の魔塔に寄るのは、不自然だというのだ。

帝国は、王国と違って他国からの留学の受け入れを歓迎しているので、その逆なら有りえることだった。

錬金術師も例に漏れず、ロゼンヌも留学に興味があれば歓迎されるだろうと、デロイズは言う。

王国の未来を変えようと決めたロゼンヌが帝国を警戒しているため、それは難しいと感じるベティス。

ただ気がかりなのは、ロゼンヌは小説で結ばれるイベンタイン皇太子への想いをまだくすぶっているのではないかということだった。

ベティスはカリッドを一旦部屋の外に連れ出して、ある提案をする。

デロイズは魔術師に利用されているだけで、その魔術師たちこそ、バーネット侯爵の取引相手である可能性が高いとの見解を示し、デロイズに協力してもらって組合員に変装して怪しい魔術師と同行するという作戦を立てたのだ。

デロイズを信頼するベティスを面白くないと思いながらも、カリッドはその作戦を受け入れる。

耳元で「了承する」と囁くと、ベティスの顔はたちまち真っ赤になって…

ねお

初心な反応をするベティスに…!

▶▷続きはピッコマで…

◀前話今読んでいる話次話▶
28話29話30話

▶▷全話のまとめ一覧はコチラ

★コミックシーモアが超お得!★
  • 無料会員登録で70%オフクーポンがゲットできる!
  • コミックシーモア公式LINEに登録で必ず500ptが貰える!

今ならあなたのお好きな漫画が実質タダで読むこともできます♪
※すでにコミックシーモアに登録された方もメールアドレスを別で用意すれば上記クーポンとキャンペーンは適用されます。

\ コミックシーモアで70%OFFクーポンゲット! /

今なら期間限定600ptも貰える!

漫画バンクの代わりにおすすめの電子書籍サイト

2021年11月に漫画バンクはKADOKAWA、講談社、集英社、小学館の出版4社が声を上げたことで閉鎖となりました。

今回はそんな漫画バンク難民の為に漫画バンクの代わり読める漫画サイトをまとめてみました。

>>漫画バンクの後継漫画PLAYの代わりになる電子書籍サイトを紹介!

ピッコマ漫画 | 2度目の人生はレッドカーペットで『29話』の感想

ベティス達が、デロイズとここから一緒に行動する展開に…?

バーネット侯爵の手にしていた「空間移動のアーティファクト」は帝国の皇室の試作品であり、その事実を当事者以外で知っているのは、小説と1度目の人生の記憶を持つベティスだけ。

カリッドは、ベティスの断定的な話し方に引っかかってはいるものの、ベティスを信頼してあっさりと作戦に応じてくれることになりました。

ただ、距離が近いカリッドにベティスが過剰な反応をしてしまい、ちょっとぎこちない雰囲気となっている2人が心配です。

まとめ

以上、「2度目の人生はレッドカーペットで」の29話のネタバレ記事でした!

「2度目の人生はレッドカーペットで」の全話ネタバレを別記事でまとめているので、気になる方はぜひ合わせて御覧ください!

\ 「2度目の人生はレッドカーペットで」の全話ネタバレはコチラ

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

ー漫画バンクの後継「漫画PLAY」の代わりにー

2021年11月4日に違法サイトである『漫画バンク』が閉鎖に追い込まれました。

その後、後継が後を立たず2022年には「漫画PLAY」が登場。

安全性は?ウイルスの危険性は?詳しく調べてみましたので以下から御覧ください。

コメント

コメントする

目次
閉じる