【ピッコマ】2度目の人生はレッドカーペットで『28話』のネタバレと感想

\ 「2度目の人生はレッドカーペットで」の全話ネタバレはコチラ

ピッコマで配信されている「2度目の人生はレッドカーペットで」の28話のネタバレと感想・考察記事になります。

目次

ピッコマ漫画 | 2度目の人生はレッドカーペットで『28話』のネタバレ

しつこい男?

店から出ても、ベティスの後を付けて来るデロイズ。

カリッドは面白くないといった様子で、彼を睨みつける。

出来るだけ関わりたくはないのだが、カリッドが手を上げそうな勢いだったため、ベティスは仕方なく振り返る。

ついて来ないでと警戒心をあらわにするベティスに対して、デロイズは笑顔で話がしたいと言ってきた。

しかも、ベティスのことをエルドラド家の娘であると知っていたのだ。

この時点では接点はなかったはずで、ベティスはもしかして…とあることが脳裏に過る。

デロイズも時間を遡っていたとしたら、ベティスが手に入れたアーティファクトに執着するのも辻褄が合うと…。

しかし、デロイズは自身をデロ商人組合の組合長と名乗り、自分が興味があるのはアーティファクトではなくベティスの方だとウインクしてきた。

今回のことで気分を害したのなら、後日、エルドラド家を訪問して正式に謝罪したいとも言う。

親睦を深めたいだけなのにと嘆息をついたかと思えば、自分の第一印象で損をしたのはこれが初めてだと、ナルシストな一面ものぞかせる。

あれこれ理由をつけてベティスに近付こうとするデロイズに、カリッドの顔はどんどん険しくなるのだった。

ラジ

カリッドはベティスとのお忍びデートを楽しみにしていたものね

商人の目的と滞在予定地

デロイズの話によれば、商人として錬金術に必要な材料も取り扱っている彼は、ロゼンヌと取引のために隣国からモーセルベルクに訪れたようだ。

ベティスのことは、ロゼンヌの専属護衛騎士として顔と名前を知っていたという。

小説とは違う形でデロイズと取引が出来れば、今後、何かの役に立つのではないかと考えるベティス。

どうしてもデロイズと話をしたそうなベティスを見て、カリッドは話が終わった後のベティスの時間を自分にくれることを条件に、許可するのだった。

場所をあらためた一行。

結局、デロイズとの取引については、ベティスが推薦状を書くことで話がまとまった。

デロイズが来月からバーネット領へ行く予定だと聞かされ、ベティスとカリッドは顔を見合わせる。

2人はちょうど、新開発のアーティファクトの件でバーネット侯爵に目をつけているところで…

ねお

まさか、デロイズはそんな裏取引にも一枚噛んでいるとか?

▶▷続きはピッコマで…

◀前話今読んでいる話次話▶
27話28話29話

▶▷全話のまとめ一覧はコチラ

★コミックシーモアが超お得!★
  • 無料会員登録で70%オフクーポンがゲットできる!
  • コミックシーモア公式LINEに登録で必ず500ptが貰える!

今ならあなたのお好きな漫画が実質タダで読むこともできます♪
※すでにコミックシーモアに登録された方もメールアドレスを別で用意すれば上記クーポンとキャンペーンは適用されます。

\ コミックシーモアで70%OFFクーポンゲット! /

今なら期間限定600ptも貰える!

漫画バンクの代わりにおすすめの電子書籍サイト

2021年11月に漫画バンクはKADOKAWA、講談社、集英社、小学館の出版4社が声を上げたことで閉鎖となりました。

今回はそんな漫画バンク難民の為に漫画バンクの代わり読める漫画サイトをまとめてみました。

>>漫画バンクの後継漫画PLAYの代わりになる電子書籍サイトを紹介!

ピッコマ漫画 | 2度目の人生はレッドカーペットで『28話』の感想

ベティスのサプライズまで、良い雰囲気で過ごすのかなと思っていたら、デロイズに邪魔されてしまいました。

ヤキモチをやくカリッドが可愛らしかったです。

やり手の商人であるデロイズなら、珍しいアーティファクトの流通に携わっていてもおかしくありませんが…。

デロイズは親切にもバーネット領に滞在する詳しい日程までベティスに教えてくれていて、単にベティスを誘っているだけなのかなとも思いました。

まとめ

以上、「2度目の人生はレッドカーペットで」の28話のネタバレ記事でした!

「2度目の人生はレッドカーペットで」の全話ネタバレを別記事でまとめているので、気になる方はぜひ合わせて御覧ください!

\ 「2度目の人生はレッドカーペットで」の全話ネタバレはコチラ

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

ー漫画バンクの後継「漫画PLAY」の代わりにー

2021年11月4日に違法サイトである『漫画バンク』が閉鎖に追い込まれました。

その後、後継が後を立たず2022年には「漫画PLAY」が登場。

安全性は?ウイルスの危険性は?詳しく調べてみましたので以下から御覧ください。

コメント

コメントする

目次
閉じる