【ピッコマ】2度目の人生はレッドカーペットで『27話』のネタバレと感想

\ 「2度目の人生はレッドカーペットで」の全話ネタバレはコチラ

ピッコマで配信されている「2度目の人生はレッドカーペットで」の27話のネタバレと感想・考察記事になります。

目次

ピッコマ漫画 | 2度目の人生はレッドカーペットで『27話』のネタバレ

プレゼントとお礼

カリッドからの合格祝いを見て、すぐにカリッドと連絡を取るベティス。

開口一番、不満の声を上げるベティスに対してカリッドは余裕の表情を見せた。

以前、渡していた通信用の水晶が使えるようで安心したと言う。

試験のことで頭がいっぱいで、ベティスは今の今まで水晶の存在を忘れていたのだ。

問題のカリッドのプレゼントの中身は…

首輪と鞭のセットだった。

舞踏会でのダンスを踊った時にベティスから言われた言葉を根に持っていたと、冗談めかすカリッド。

箱の中をもっとよく見るように促す。

箱の底にはもう一段下にスペースがあり、本当の合格祝いはそこに収められていた。

魔物の革を加工して作られた軽量で丈夫なソードベルト。

さらに封筒も入っていて、貴族派に回った護衛騎士についての調査報告書も添えられていた。

自分が領地に帰った後は、直接協力はできないと話すカリッドに、ロゼンヌから同行のお許しが出た件を話そうとするベティスだが…

サプライズにはサプライズでお返ししようと、まだ黙っておくことにした。

そして、お礼がしたいからと、カリッドが首都を発つ前に会いたいとお願いする。

充分な時間が取れそうにないと言うカリッドに、どうしてもと食い下がった。

少し黙り込んだ後、カリッドは仕方がないといった様子で了承。

次の日に会う約束をしたカリッドは、ベティスの考えが分からずやきもきしていた。

ラジ

会いたいって言われて照れてる…?

ロゼンヌのためのアーティファクト

翌日、広場で待ち合わせをする2人。

補佐官のセリオンはジョエルを連れてカリッドを尾行していた。

ベティスのことを、主人に悪影響を及ぼす危険人物とみなしていたからだ。

しかし、少し目を離した隙に、2人はとあるショップに入ってしまう。

魔法道具を売っている店で、ロゼンヌからのおつかいがあるというベティス。

実は、小説で鍵を握るアーティファクトがここにガラクタとして眠っているのだ。

ロケットペンダント型のその物を発見して手に取った瞬間、同時にその物に興味を示す人物が…

ヘルベティオン帝国の大商人の跡継ぎで、欲しいもののためならお金を惜しまない「デロイズ・オ・シャルベ」その人だった。

ねお

小説の登場人物のようだけど…

▶▷続きはピッコマで…

◀前話今読んでいる話次話▶
26話27話28話

▶▷全話のまとめ一覧はコチラ

★コミックシーモアが超お得!★
  • 無料会員登録で70%オフクーポンがゲットできる!
  • コミックシーモア公式LINEに登録で必ず500ptが貰える!

今ならあなたのお好きな漫画が実質タダで読むこともできます♪
※すでにコミックシーモアに登録された方もメールアドレスを別で用意すれば上記クーポンとキャンペーンは適用されます。

\ コミックシーモアで70%OFFクーポンゲット! /

今なら期間限定600ptも貰える!

漫画バンクの代わりにおすすめの電子書籍サイト

2021年11月に漫画バンクはKADOKAWA、講談社、集英社、小学館の出版4社が声を上げたことで閉鎖となりました。

今回はそんな漫画バンク難民の為に漫画バンクの代わり読める漫画サイトをまとめてみました。

>>漫画バンクの後継漫画PLAYの代わりになる電子書籍サイトを紹介!

ピッコマ漫画 | 2度目の人生はレッドカーペットで『27話』の感想

カリッドの領地へ同行することをまだ告げていないベティス。

カリッドはベティスの言い方に期待してソワソワしているのを、セリオンに見抜かれていますね。

デロイズの登場に焦っている様子のベティスですが、彼は小説ではどんな役回りなのでしょうか?

まとめ

以上、「2度目の人生はレッドカーペットで」の27話のネタバレ記事でした!

「2度目の人生はレッドカーペットで」の全話ネタバレを別記事でまとめているので、気になる方はぜひ合わせて御覧ください!

\ 「2度目の人生はレッドカーペットで」の全話ネタバレはコチラ

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

ー漫画バンクの後継「漫画PLAY」の代わりにー

2021年11月4日に違法サイトである『漫画バンク』が閉鎖に追い込まれました。

その後、後継が後を立たず2022年には「漫画PLAY」が登場。

安全性は?ウイルスの危険性は?詳しく調べてみましたので以下から御覧ください。

コメント

コメントする

目次
閉じる