Radio Neo 79.5

11月5日 ブラザーアース presents NEO UNIVERSE〜聴く宇宙〜【オンエア予告】

2017.11.05/放送後記

be_j
【11月5日オンエア予告】

今月は、名古屋市科学館の毛利勝廣さんをお迎えしてお送りします。

11月になりました。寒くなって上空の風も強くなるので、空気が澄んで星がよく見える上に、よく瞬くんです。みなさんもラジオを聴きながら、夜空を見上げてみましょう。

 

【今月のテーマは「星の名前」】

星の名前ってたくさんありますけど、ひとつひとつ意味とか繋がりがあって、結構おもしろいんですよ。

身近なところから見てみましょう。今日は「115」。意識はしてなかったけど、日付には月と太陽が入っていますよね。月の巡りは一か月、12回巡ると1年、その単位を暦としていて、太陽の巡りは1日。

さらには曜日。「」「」「」「」「」「」「」そう、全部天体!

私たちの生活では、星の名前を呼ばない日はないんです。

 

曜日を英語に直してみると、「Sunday(Sun)」「Monday(Moon)」・・・ここにも太陽と月。ちなみに他の曜日は神様の名前が由来しているんだそう。それにしても、西洋と東洋の言葉が合致しています!不思議です。

私たちは古代から、ずっと同じ曜日を刻んでいるんですね。

 

突然ですが「12」という数で思い浮かべるものといえばなんでしょう?

時計、1年の12ヵ月、星座、木星が1週する周期も12年ですよね。この「12」という数はメソポタミア文明のころから大事にされていた数字なんだそう。

あれ?でも、1週間って7日間ですよね・・・・・・?

実は、これも「12」と関係があるんです。

そもそも、曜日の並び順ってどうやって決まったんでしょう?太陽から近い順?地球から近い順?

20171019_RadioNeo.000

見事にバラバラ・・・。

まずは、自分のいる地球が動いているということに人類が気付いていない頃のお話。今みたいに、天体がどんな周期でどう回っているのかなんてわからないわけですから、空に穴が開いていてそこから光が漏れてるとか、空から吊られているとか・・・そんな風に考えてしまうくらい。宇宙のことは何も解明されていません。

そこで、動く星があるということを重要視しました。

この7つの星を観察していると、ゆっくり動いているものや早く動いているものがあるとわかってきます。そこで、ゆっくり順に並べてみました。

20171019_RadioNeo.001

昔の人は、場所を変えていくこの7つの星は特別だとして、神様に見立てて、1時間ごとに担当の神様がいるという交代制度(ちょっとかわいいですね。笑)を作りました。

20171019_RadioNeo.002

午前1時が土星さんが担当です、2時が木星さん、3時が火星さん・・・それを繰り返していくと、7で24は割り切れません。

そこからどうやって私たちになじみのあるあの並びになったのか・・・

続きはラジオでお聴きください!

 

 

 

【こちら地球市民】

地球、大自然を舞台に活躍しているスペシャリストに、地球活動でのエピソードや自然、宇宙、生命の素晴らしさを「一人喋り」の形式で、全宇宙に広くアピールしてゆく、いわば「地球外生命に向けた地球PR活動」です。

今月のお客様は「音楽作家」の荒木正比呂さん。
今週は「初めての田舎暮らし」をテーマにお話しいただきます。

DSCN2573

 

*プロフィール

電子音楽家。バンドマン。TVCM / webコンポーザー。バンド・レミ街のリーダーでありエレクトロニカユニット、fredricsonとして活動中。
名古屋→東京と住居を転々としながら現在では三重県東員町にて稲穂に囲まれながら音楽生活を営み、近年では中村佳穂のバンドメンバーとしてフジロック2016など全国のステージに出演。
絵本作家の「ながおたくま」らと作るキャラクター「ゾンビ太郎」など。
ゾンビ太郎
http://www.zombietaro.com/
https://soundcloud.com/fredricson
レミ街
http://remigai.jp/
荒木正比呂facebook
https://www.facebook.com/fredri3
中村佳穂
http://nanos.jp/nakamurakaho/blog/1/

 

 

☆お聴き逃した方は『radiko』のタイムフリー機能で1週間以内に放送された番組を聴くことが出来ます。

番組では、宇宙や星、気象に関する質問を受け付けています!
メール uni@radio-neo.jp

 

 

  • メール
閉じる