Radio Neo 79.5

BLOG

ARCHIVES

: 2016年09月

9月25日「せいじろうの”わお”」

2016.09.26/せいじろうのわお!
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

中村星次郎

 

今日は、野尻抱影さんのスタンダードブックス「星は周る」です。

212352

 

スタンダードブックスというのは、平凡社が出しているシリーズで

科学者であり、作家である方々の随筆を集めた本のシリーズなのですが、

こういう試みは、ずっと続けてほしいものです。

 

さて、野尻抱影さん、

1885年生まれ1977年に亡くなられた教育者であり、作家さんなのですが、

内容は、日々の暮らしのふとしたこと とその時期の星や星座が絡めて描かれており、

ゆったりとした気分で、うちの中で宇宙に想いを馳せられる

とても楽しい随筆集でした。

 

ただ、

この随筆集 大体が戦中から戦後に書かれたものであろうと思うのですが、

・夏も半ばを過ぎると、銀河が天頂を流れるようになり 東の空には天馬ペガススの

4つ星が。  とか。

・スバルは西南の天頂で青白く固まっているとオリオンは南の中空にいすわり、

星雲のにじみも見える。 とか

この時代、東京のお家からそれほど多くの星が楽しめたのか!

 

と思うと、

なんだかちょっと悔しい気持ちにもさせられてしまいます。

 

もちろん作者のせいではないのですが。。。

  • メール

9月25日放送オンエア楽曲一覧

2016.09.26/entry

゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。本日のOA楽曲・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・

OA時間

22:35  ♪Feel So Moon /      ユニコーン

22:42  ♪Man On The Moon      /       R.E.M.

22:50  ♪Giant Steps /  John Coltrane

22:53  ♪トロイメライ(シューマン)  /     フジコ・ヘミング

エンディング

♪星に願いを   /     宮本笑里

  • メール

9月25日オンエア 放送後記

2016.09.25/放送後記

惑星探査の原点は「月面探査」でのノウハウが遺憾なく発揮されていることがわかった今日のオンエアでした。

1976年  ルナ24号

その後80年代は一機も月に向かってはいません。もちろんその中には85年86年の「ハレー彗星」やボイジャーなど、「より遠くへ」という動きになっていましたが、
その後数年の時を経てソ連の次に月に入ったのは「日本」なのでした。「これが全然話題になってなくてですねー」と毛利さん。1990年に「ひてん」(MUSES-A)が月に向かいました。
そこからの技術が「かぐや」にも生かされています。その2年後に「ガリレオ」が月に立ち寄ったりしています。

pct_main_hiten

その後2008年に「かぐや」が月に行き、これでもっとバージョンアップした月の全体像の解明はこのかぐやが収集した情報によるものなのです。

ちなみに中国も月に2013年に上げた無人月面探査機「嫦娥3号」の月面移動機である「玉兎号」も活躍しました。

713

今後の月面探査の課題としては、表面をくまなくまわり、詳細なるデータを収集したり「軌道の変化」を見れば重量の配分がわかったり、そして「詳細地図」を作成してエリアごとに調査をしていく。などがあるでしょう。かぐやが収集したデータの中には「地形カメラ」による表面のデコボコを測定したデータがあり、搭載していたハイビジョンカメラによる解像度の高い写真を撮影しています。(着陸はしていない)今後は着陸しての調査が日本の課題だと思います。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

  • メール

9月25日 NEO UNIVERSE〜聴く宇宙〜【オンエア予告】

2016.09.25/オンエア予告

今月のテーマは「月」

9月25日(日曜日)のオンエアでは、アポロ計画以後に実施された「月面探査」の進化についてお話しします。その前に「アポロ11号」がなぜ「静かな海」に降り立ったのか、その秘密から言及します。

その後17号、ルナ24号、そして日本の月面探査の実績、以後各国の挑戦にも毛利さんはお話し下さいます。

robotic-luna-24-probe

Luna 24

 

 

img_lalt_003

かぐやの調査

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

(左)中村さん (右)毛利さん

 

 

  • メール

9月18日放送オンエア楽曲一覧

2016.09.20/オンエア楽曲

゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。本日のOA楽曲・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・

OA時間

22:34  ♪ムーンライト伝説 /      Anime That Jazz

22:42  ♪今宵の月のように      /       エレファントカシマシ

22:49  ♪Sister Moon /  Sting

22:54  ♪美しい世界  /     ドラマ「未来からの来訪者」主題歌

エンディング

♪星に願いを   /     宗次郎

  • メール

9月18日「せいじろうの”わお”」

2016.09.19/せいじろうのわお!

今日の「わお」は「惑星ソラリス」。

51JMBBG1KRL

 

 

 

 

 

 

 

 

1972年公開のソビエト連邦の映画で、同年のカンヌ国際映画祭で審査員特別賞を受賞しています。時代背景的にはこの4年前の1968年にアメリカで「2001年宇宙の旅」が公開され、開発的にも1969年に「アポロ11号」が月面着陸。ソ連も1971年から宇宙ステーションを運用する、など宇宙の開発競争でもアメリカとソ連との構図があった訳ですね。

両方を観た感想としては映画で宇宙の生命の神秘を表現しようとすると、ヘンテコな比喩に落ち着いちゃうんだなと言うのがボクの感想でした。是非皆さんも改めてご覧になってみて下さい。

  • メール

9月18日オンエア 放送後記

2016.09.19/放送後記

今夜も番組をお聴き頂きまして有り難うございます。

オンエア予告でも書いた今日のクイズ。

お月様の実際の見える大きさは?

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

左:毛利さん  右:中村さん

 

 

 

 

 

 

 

①1度の「小指で隠れるくらい」

②「親指で隠れるくらい」

③「げんこつで隠れるくらい」

皆さんは正解出来ましたか?

答えは①の「小指で隠れる大きさ」だったんですね。月の見かけの大きさは約0.5度分。毛利さん曰く「実際に小指を重ねて見るとすっぽり隠れてしまい、小さく感じるんですが、小指を外してみるとふわっと大きく見えるように感じるものなんです」。すかさず中村さんが「ああ、目の錯覚って言うのも大きいんですね」と。

ではなぜ大きく見えるのか?

それは心理的なものや、月の位置が低い場所にあって、相対的に街の風景の中に月がとけ込むと、街のシンボルの建物、景色との対比だったり、感覚として大きく感じる事ができるのだそうです。心理学的には上空に見える時の月と、低い位置にある時の月の大きさの差は約4倍程だというデータがあるとの事。

ちなみに、地球と月との距離は38万キロが平均で、遠い時は40.7万キロで、近い時は35.7万キロ。この差、一見「何万キロもあるから、大きく見えたり小さく見えたりするんだな」と思いがちですが、数字的には10%の差です。実際の見え方も平均では8%程度。なのでさほど大きくはないんですね。いかに心理的に大きく感じているか、という事になるのです。

m-crop

 

 

 

 

 

だから「スーパームーン」というのは定義的には地球に近い時で、新月の時がほぼそうで、太陽と一直線になるということや、「大潮」になるので潮の満ち引きが作用するという作用も含めて定義されて来たが、実際に特にスーパーに見える訳ではない。実際に写真に撮れば約1割違うから大きい事は事実ですが、「今日はスーパームーンですよ!」という、そこかしこで喧伝された場合に働く心理で、4〜5倍に感じる訳ですから「おお〜スーパームーンだねえ」という評価になる訳ですね。なのでメディアに踊らされる事なく、感じたままを素直に楽しんでもらえればそれで良いのだと思います。

m.045

 

 

 

 

 

 

 

詳しい解説はココへ。

「月が大きく見えるわけ」
http://www.ncsm.city.nagoya.jp/study/astro/astro_news/big_moon_2016.html

 

  • メール

9月18日 NEO UNIVERSE〜聴く宇宙〜【オンエア予告】

2016.09.18/entry

9月18日(日)9月のテーマは「月」。

今週は15日に十五夜があり、昨晩が「満月」と充実の一週間でした。お天気も「快晴」とまではいかなかったのですが、月面の模様までは肉眼で確認出来た時間もあったと思います。ネット上でも多くの月の写真がアップロードされていました。

さてこんやは、「月の大きさ」や「見え方」などに迫ります。

ここで皆さんにクイズを出しておきたいと思います。答えはオンエアでお伝えします。

【問題】

お月様をカラダのものさしで図ってみましょう。

番組では常に腕を伸ばして「げんこつ」を作ると、それが天体上の「およそ1o度」となることをお伝えしていますが、今日も登場します。

2013小学パンフ_sho6_ver.indd

 

 

 

 

 

 

 

 

それでは問題。「お月様を観た時に、このカラダのものさしの…。」のどこで隠れるか3つの答えから選んで下さい。

①1度の「小指で隠れるくらい」

②「親指で隠れるくらい」

③「げんこつで隠れるくらい」

さあどれだと思いますか?

 

そして、今日のオンエアで毛利さんから解説がある「図」はこちらです。

m-crop

 

 

 

 

 

 

 

m.045

 

 

 

 

 

 

それではオンエアをお楽しみに!

 

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:゚・:,。*:..。o○☆゚・:,。*:..*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:゚・:,。*:..。o○☆゚・:,。*:..

Twitterで「#聴く宇宙」をつけてつぶやくと、オンエアと同時進行で楽しむことができます。
ぜひご覧下さい!

番組では、宇宙や星、気象に関する質問を受け付けています!
メール uni@radio-neo.jp

  • メール

9月11日オンエア楽曲一覧

2016.09.12/オンエア楽曲

゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。本日のOA楽曲・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・

OA時間

22:34  ♪十五夜うさぎ /      たかこと月

22:39  ♪You Spin Me Round (Like A Record)       /       Dead or Alive

22:45  ♪Black or White /  Glee Cast

22:50      ♪It’s Only A Paper Moon      /      美空ひばり

22:53  ♪銀河鉄道999〜Taking Off!  /      ゴダイゴ

エンディング

♪星に願いを   /     Noon

  • メール

「せいじろうわお!」〜名古屋の宇宙開発ベンチャー企業〜

2016.09.11/せいじろうのわお!

【せいじろうのわお】
中村星次郎が気になった宇宙に関するものや宇宙に関する気になったことを紹介していくコーナーです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

気象予報士:中村星次郎

 

 

 

 

 

 

 

今日は名古屋市にある「宇宙開発ベンチャー企業」である「PDエアロスペース」。

とあるところで「宇宙旅行のための訓練プログラムを実施する」という情報を聞きつけ問い合わせてみました。

まずその狙いは、「今後宇宙旅行が一般化する時代」に向けて、実際に行く方が知っておくべきことのレクチャーやメディカルチェック、そして宇宙旅行中の重力変化などが体験出来る2日間のプログラムでJAXAとも連携していて、こういったプログラムが日本の宇宙旅行の基礎的プログラムになるだろうということでした。

それとこのPDエアロスペースの活動は「宇宙機(宇宙航空機)」の開発。もともとここの「緒川社長」は大手航空機会社でエンジンや航空機の開発を手がけられた方。いずれ自分達の手で宇宙機を作り出す事を夢に日々活動されています。

株式会社PDエアロスペース

http://www.pdas.co.jp/index.html

PDAERO

  • メール
< PREV NEW >
閉じる