Radio Neo 79.5

BLOG

CATEGORIES

: オンエア予告

1月14日 ブラザーアース presents NEO UNIVERSE〜聴く宇宙〜【オンエア予告】

2018.01.14/オンエア予告

be_j

【1月14日オンエア予告】

 

先週に引き続き、今週も名古屋市科学館の毛利勝廣さんをお迎えしてお送りします。

 

先週は、2018年の星空についてお話頂きましたが、今回は早速、1月31日(水)に見られる現象「皆既月食」について、基本から教えて頂きます!

そもそも月食ってどんな現象なんでしょう?

地球から見た月は、太陽の光が当たることで私たちにも見えています。

下の図のように、太陽・地球・月の順番に並んでいるとき、太陽から地球に陽があたると、その反対側に地球の影が伸びます。そこに月がとおりかかって、影に入り、見えなくなってしまう現象が月食です。

すっぽり全部が隠れてしまうのが皆既日食、部分的なものなら部分日食になるというわけです。

011

 

 

そして、もうすぐ見られる1月31日の皆既月食はとっても好条件なんだそうです!

皆既になっている時間がなんと1時間17分。じっくり見て頂けます。

下の図は時間ごとの月の見え方です。

ぜひ、図を見ながら「聴く宇宙」をお楽しみください。

010

 

1月中、名古屋市科学館のプラネタリウムでは、皆既月食のシミュレーションや、宇宙から見た皆既月食もご覧いただくことができます。

そして、webサイトにも1月31日の皆既月食についての説明が図と一緒にわかりやすく掲載されています。

 

 

ぜひこの機会に、皆さんなりの月食の楽しみ方を見つけてみてくださいね。

 

 

 

☆★☆★イベント情報☆★☆★

皆既月食を迎える1月31日(水)は午前7時~午後11時まで、1日を通して

「Brother Earth presents Dance with the Moon」がRadio NEOをジャックします!!

そして、「NEO UNIVERSE~聴く宇宙~」の特別公開生放送をお送りします!

ちょっと特別な空間にリスナーの皆さんをご招待。

月食について学びながら、音楽も楽しめる、ぜいたくな公開生放送プログラム
「Brother Earth presents NEO UNIVERSE SPECIAL」

参加は、ご応募いただいた方の中から抽選となります。

応募はこちらから!

※応募の受付は、本日14日(日)必着での締切となります。

番組終了後から1時間ですので、ご注意ください。

【特番概要】
タイトル:Brother Earth presents NEO UNIVERSE SPECIAL
日にち:1月31日(水)
時間:
19:30~21:00(第一部:DJイベント…月にインスパイヤされた楽曲とともに、宇宙にまつわる画像と映像を上映)
21:00~23:00(第二部:公開生放送とスペシャルLIVE)
スペシャルLIVEゲスト:佐藤竹善
MC:本田朋子
会場:LEVEL8 丸の内
http://level8.space/
〒460-0002
名古屋市中区丸の内二丁目19番32号PINETREEビル8階

 

 

☆★☆★プレゼントのお知らせ☆★☆★

ご応募いただいた方の中から抽選で

番組ロゴ入りのオリジナルグッズをプレゼントいたします!

①Vixen 双眼鏡 アリーナ H8×21WP *冬バージョン

binoculars-winter

②ポケットサイズ ハードカバーノート  *冬バージョン

notebook-winter

<応募方法>

メールuni@radio-neo.jpまで、

ご住所・氏名・番組の感想とご希望のプレゼントを明記の上お送りください。

※応募締切 1月31日24:00※

当選の発表は、プレゼントの発送をもって代えさせていただきます。

皆さまのご応募お待ちしております。

.:*・゜☆.。.:*・゜☆.。.:*・゜☆.。.:*・゜☆

☆お聴き逃した方は『radiko』のタイムフリー機能で1週間以内に放送された番組を聴くことが出来ます。

番組では、宇宙や星、気象に関する質問を受け付けています!
メール uni@radio-neo.jp

 

 

  • メール

12月31日 ブラザーアース presents NEO UNIVERSE〜聴く宇宙〜【オンエア予告】

2017.12.31/オンエア予告

be_j

【12月31日オンエア予告】

本日は、名古屋市科学館の毛利勝廣さんをお迎えしてお送りします。

IMG_0946

今週のNEO UNIVERSE~聴く宇宙~は、大晦日の放送になりました。

そこで本日の放送では、大晦日スペシャルと題して、初日の出のあれこれをお送りします。
さて、突然ですがここで皆さんに問題です。

初日の出を日本で一番初めに見ることのできる場所はどこでしょう??

正解は・・・・・・・・・・・

ぜひ、今夜の「聴く宇宙」で、チェックしてくださいね!!

 

 

そして、ひまわりリアルタイムwebでは、ひまわり8号からの地球の映像をほぼリアルタイムで見ることができます。

ひまわりリアルタイムweb⇒https://himawari8.nict.go.jp/

 

また、過去の画像を見ることもできます。たとえば、

2017年1月1日 午前6時の画像はこちら。⇒https://goo.gl/5GeQi5

向かって左上が夜、右下が昼ですね。画面下の方の白い丸を左右に動かすと時刻が変わります。

新年の朝が右斜め下、すなわち東南東からやってくることがわかります。

 

新しい年、ぜひ皆さん、違う空の下で初日の出を見ましょう。

来年も、「聴く宇宙」をよろしくお願いいたします!

 

 

 

 

【こちら地球市民】

地球、大自然を舞台に活躍しているスペシャリストに、地球活動でのエピソードや自然、宇宙、生命の素晴らしさを「一人喋り」の形式で、全宇宙に広くアピールしてゆく、いわば「地球外生命に向けた地球PR活動」です。

今月のお客様は「和太鼓奏者」の浅野聡太さん。
今週は「和太鼓の演奏」をテーマにお話しいただきます。

IMG_0270

浅野 聡太 / Sota Asano
和太鼓奏者プロフィール
———————————————————————-
愛知県出身。9歳より地元の子供太鼓のサークルで太鼓を始め、中学1年でサークルを脱会。地元の和太鼓奏者・梅村幸生に和太鼓を師事する。
その後、同氏が率いる和太鼓グループ『REN』のメンバーとして活動を開始し、現在も数々の演奏活動を行っている。17歳からは、林田ひろゆきが全国の若い太鼓奏者を集えてプロデュースしている『SuperTaiko Junior』のリーダーとしてチャリティコンサート「BEAT FOR JAPAN」、フランスツアー「Festival des Cultures du Monde de Gémenos 2013」に出演し、また、『Super Taiko Boys』のメンバーとしても台湾、シンガポールなど国外での演奏活動も行う。
2015年からは、『ZI-PANG』のメンバーとしてプロデビューし、「成田太鼓祭・千年夜舞台」、「陸前高田市全国太鼓フェスティバル」等、国内最大級の太鼓フェスティバルへも出演。
現在は、ソロ和太鼓奏者として精力的に活動する中、二胡、DJなどとのコラボレーションは定評があり、様々な和楽器で構成した独自のバンドユニットでの活動も行っている。
また、数々のコンペティションでのグランプリや、TOWNWORK present「CampusLife+1」での準グランプリを獲得するなど、演奏活動のみならず、現役の学生であることを活かしたアプローチで和太鼓の魅力を人々に伝えている。
2017年に若手実力派和太鼓奏者を集めチーム「天樂」を結成。また、2750人もの応募の中から50人のみが選出された公益財団法人クマ財団のクリエイター奨学生としてもアーティスト活動を行う。

ZIP-FM77.8「DREAM PRIZE22」 グランプリ
TOWNWORK present「CampusLife+1」 準グランプリ
フランスツアー「Festival des Cultures du Monde de Gémenos 2013」
「成田太鼓祭2015・千年夜舞台」ゲスト演奏
「陸前高田市全国太鼓フェスティバル 2015」ゲスト演奏
「BLeague SeaHouse三河 ホーム開幕戦セレモニー」オープニング演奏
「メルセデスベンツ新型Eクラス発表記念式典」
「日本ど真ん中祭り ファイナルステージ」にてゲスト演奏

 

 

☆★☆★イベント情報☆★☆★

皆既月食を迎える1月31日(水)は午前7時~午後11時まで、1日を通して

「Brother Earth presents Dance with the Moon」がRadioNEOをジャックします!!

そして、「NEO UNIVERSE~聴く宇宙~」の特別公開生放送をお送りします!

ちょっと特別な空間にリスナーの皆さんをご招待。
月食について学びながら、音楽も楽しめる、ぜいたくな公開生放送プログラム
「Brother Earth presents NEO UNIVERSE SPECIAL」

参加は、ご応募いただいた方の中から抽選となります。

応募はこちらから!

【特番概要】
タイトル:Brother Earth presents NEO UNIVERSE SPECIAL
日にち:1月31日(水)
時間:
19:30~21:00(第一部:DJイベント…月にインスパイヤされた楽曲とともに、宇宙にまつわる画像と映像を上映)
21:00~23:00(第二部:公開生放送とスペシャルLIVE)
スペシャルLIVEゲスト:佐藤竹善
MC:本田朋子
会場:LEVEL8 丸の内
http://level8.space/
〒460-0002
名古屋市中区丸の内二丁目19番32号PINETREEビル8階

.:*・゜☆.。.:*・゜☆.。.:*・゜☆.。.:*・゜☆

☆お聴き逃した方は『radiko』のタイムフリー機能で1週間以内に放送された番組を聴くことが出来ます。

番組では、宇宙や星、気象に関する質問を受け付けています!
メール uni@radio-neo.jp

 

 

 

 

  • メール

12月24日 ブラザーアース presents NEO UNIVERSE〜聴く宇宙〜【オンエア予告】

2017.12.24/オンエア予告

be_j

【12月24日オンエア予告】

今週も引き続き、名古屋市科学館の小林修二さんをお迎えしてお送りします。

 

今日はクリスマスイブです!

皆さんは、お家でクリスマスツリーを飾っていますか?

今はオシャレなデザインのものがたくさんありますが、やっぱりツリーのてっぺんは星!!というイメージ。

考えたことなかったけど、なぜ星なんでしょう?

実は、これには理由があったんです。

今日はクリスマスにちなんだお話を聞かせていただきます。

ぜひ、大切な人と、今夜の「聴く宇宙」をお楽しみください。

 

 

【こちら地球市民】

地球、大自然を舞台に活躍しているスペシャリストに、地球活動でのエピソードや自然、宇宙、生命の素晴らしさを「一人喋り」の形式で、全宇宙に広くアピールしてゆく、いわば「地球外生命に向けた地球PR活動」です。

今月のお客様は「和太鼓奏者」の浅野聡太さん。
今週は「和太鼓という楽器の進化」をテーマにお話しいただきます。

IMG_0270

浅野 聡太 / Sota Asano
和太鼓奏者プロフィール
———————————————————————-
愛知県出身。9歳より地元の子供太鼓のサークルで太鼓を始め、中学1年でサークルを脱会。地元の和太鼓奏者・梅村幸生に和太鼓を師事する。
その後、同氏が率いる和太鼓グループ『REN』のメンバーとして活動を開始し、現在も数々の演奏活動を行っている。17歳からは、林田ひろゆきが全国の若い太鼓奏者を集えてプロデュースしている『SuperTaiko Junior』のリーダーとしてチャリティコンサート「BEAT FOR JAPAN」、フランスツアー「Festival des Cultures du Monde de Gémenos 2013」に出演し、また、『Super Taiko Boys』のメンバーとしても台湾、シンガポールなど国外での演奏活動も行う。
2015年からは、『ZI-PANG』のメンバーとしてプロデビューし、「成田太鼓祭・千年夜舞台」、「陸前高田市全国太鼓フェスティバル」等、国内最大級の太鼓フェスティバルへも出演。
現在は、ソロ和太鼓奏者として精力的に活動する中、二胡、DJなどとのコラボレーションは定評があり、様々な和楽器で構成した独自のバンドユニットでの活動も行っている。
また、数々のコンペティションでのグランプリや、TOWNWORK present「CampusLife+1」での準グランプリを獲得するなど、演奏活動のみならず、現役の学生であることを活かしたアプローチで和太鼓の魅力を人々に伝えている。
2017年に若手実力派和太鼓奏者を集めチーム「天樂」を結成。また、2750人もの応募の中から50人のみが選出された公益財団法人クマ財団のクリエイター奨学生としてもアーティスト活動を行う。

ZIP-FM77.8「DREAM PRIZE22」 グランプリ
TOWNWORK present「CampusLife+1」 準グランプリ
フランスツアー「Festival des Cultures du Monde de Gémenos 2013」
「成田太鼓祭2015・千年夜舞台」ゲスト演奏
「陸前高田市全国太鼓フェスティバル 2015」ゲスト演奏
「BLeague SeaHouse三河 ホーム開幕戦セレモニー」オープニング演奏
「メルセデスベンツ新型Eクラス発表記念式典」
「日本ど真ん中祭り ファイナルステージ」にてゲスト演奏

 

☆★☆★イベント情報☆★☆★

皆既月食を迎える1月31日、

「NEO UNIVERSE~聴く宇宙~」の特別公開生放送が決定いたしました!

ちょっと特別な空間にリスナーの皆さんをご招待。
月食について学びながら、音楽も楽しめる、ぜいたくな公開生放送プログラム
「Brother Earth presents NEO UNIVERSE SPECIAL」。

参加は、ご応募いただいた方の中から抽選となります。

応募はこちらから!

【特番概要】
タイトル:Brother Earth presents NEO UNIVERSE SPECIAL
日にち:1月31日(水)
時間:
19:30~21:00(第一部:DJイベント…月にインスパイヤされた楽曲とともに、宇宙にまつわる画像と映像を上映)
21:00~23:00(第二部:公開生放送とスペシャルLIVE)
スペシャルLIVEゲスト:佐藤竹善
MC:本田朋子
会場:LEVEL8
http://level8.space/
〒460-0002
名古屋市中区丸の内二丁目19番32号PINETREEビル8階

 

 

.:*・゜☆.。.:*・゜☆.。.:*・゜☆.。.:*・゜☆

☆お聴き逃した方は『radiko』のタイムフリー機能で1週間以内に放送された番組を聴くことが出来ます。

番組では、宇宙や星、気象に関する質問を受け付けています!
メール uni@radio-neo.jp

 

 

 

  • メール

12月17日 ブラザーアース presents NEO UNIVERSE〜聴く宇宙〜【オンエア予告】

2017.12.17/オンエア予告

be_j

【12月17日オンエア予告】

今週も引き続き、名古屋市科学館の小林修二さんをお迎えしてお送りします。

 

皆さん、ふたご座流星群は見られましたか?

とっても寒い日が続きますが、風邪には気を付けて、星空をお楽しみください。

 

さて、太陽が沈むのがだいぶ早くなってきましたね。

来週12月22日は冬至の日ということで、1年の中で昼間の長さが最も短くなります。

以前の「聴く宇宙」でもお話に出てきましたが、冬至の時期と夏至の時期では、太陽の高さと日差しの強さにも大きな違いが出てきます。

ということで今週は、季節ごとの太陽の高さについてのお話から始めます。

ぜひ、下の図を見ながら、番組をお楽しみください。

<赤道での太陽の動き>

螟ゥ逅・N0

<北極での太陽の動き>

螟ゥ逅・N90

<名古屋の太陽の動き>

螟ゥ逅・N35

 

満月の動きも見てみましょう。

螟ゥ逅・moon

 

 

そして、もうすぐクリスマスですね。

街中もなんとなくせわしない雰囲気になってきました。どこを歩いていてもクリスマスソングが聞こえてくるようになりました♪

クリスマスと空にも、何かつながりがあるんでしょうか?

 

今夜もぜひ、ラジオで「聴く宇宙」をお楽しみください。

 

 

 

【こちら地球市民】

地球、大自然を舞台に活躍しているスペシャリストに、地球活動でのエピソードや自然、宇宙、生命の素晴らしさを「一人喋り」の形式で、全宇宙に広くアピールしてゆく、いわば「地球外生命に向けた地球PR活動」です。

今月のお客様は「和太鼓奏者」の浅野聡太さん。
今週は「海外における和太鼓文化」をテーマにお話しいただきます。

IMG_0270

浅野 聡太 / Sota Asano
和太鼓奏者プロフィール
———————————————————————-
愛知県出身。9歳より地元の子供太鼓のサークルで太鼓を始め、中学1年でサークルを脱会。地元の和太鼓奏者・梅村幸生に和太鼓を師事する。
その後、同氏が率いる和太鼓グループ『REN』のメンバーとして活動を開始し、現在も数々の演奏活動を行っている。17歳からは、林田ひろゆきが全国の若い太鼓奏者を集えてプロデュースしている『SuperTaiko Junior』のリーダーとしてチャリティコンサート「BEAT FOR JAPAN」、フランスツアー「Festival des Cultures du Monde de Gémenos 2013」に出演し、また、『Super Taiko Boys』のメンバーとしても台湾、シンガポールなど国外での演奏活動も行う。
2015年からは、『ZI-PANG』のメンバーとしてプロデビューし、「成田太鼓祭・千年夜舞台」、「陸前高田市全国太鼓フェスティバル」等、国内最大級の太鼓フェスティバルへも出演。
現在は、ソロ和太鼓奏者として精力的に活動する中、二胡、DJなどとのコラボレーションは定評があり、様々な和楽器で構成した独自のバンドユニットでの活動も行っている。
また、数々のコンペティションでのグランプリや、TOWNWORK present「CampusLife+1」での準グランプリを獲得するなど、演奏活動のみならず、現役の学生であることを活かしたアプローチで和太鼓の魅力を人々に伝えている。
2017年に若手実力派和太鼓奏者を集めチーム「天樂」を結成。また、2750人もの応募の中から50人のみが選出された公益財団法人クマ財団のクリエイター奨学生としてもアーティスト活動を行う。

ZIP-FM77.8「DREAM PRIZE22」 グランプリ
TOWNWORK present「CampusLife+1」 準グランプリ
フランスツアー「Festival des Cultures du Monde de Gémenos 2013」
「成田太鼓祭2015・千年夜舞台」ゲスト演奏
「陸前高田市全国太鼓フェスティバル 2015」ゲスト演奏
「BLeague SeaHouse三河 ホーム開幕戦セレモニー」オープニング演奏
「メルセデスベンツ新型Eクラス発表記念式典」
「日本ど真ん中祭り ファイナルステージ」にてゲスト演奏

 

 

 

.:*・゜☆.。.:*・゜☆.。.:*・゜☆.。.:*・゜☆

☆お聴き逃した方は『radiko』のタイムフリー機能で1週間以内に放送された番組を聴くことが出来ます。

番組では、宇宙や星、気象に関する質問を受け付けています!
メール uni@radio-neo.jp

 

  • メール

12月10日 ブラザーアース presents NEO UNIVERSE〜聴く宇宙〜【オンエア予告】

2017.12.10/オンエア予告

be_j

【12月10日オンエア予告】

今月は、名古屋市科学館の小林修二さんをお迎えしてお送りします。

 

ふたご座流星群が見られるまであともう少し!

今週も先週に引き続き、ふたご座流星群について、小林さんにお話しいただきます。

ふたご群20171213_22時-thumb-600xauto-4099

流星群が見られるのは13日、14日の夜がピークになりますが、明日からもう見られるみたいですよ!

更に今年は、新月に近いため月明かりが気にならない好条件なんだそうです。

 

空を広く見渡せて、周りに明かりが少ない場所で寝転がって見るのがおすすめです。

とっても寒いので、防寒対策はしっかりしていってくださいね!

 

今週は流星群をたくさん見るためのコツをたくさん教えていただきますので、皆さんぜひ今夜の「聴く宇宙」を聴いて、よりたくさんの流れ星を見つけてくださいね。

 

☆今年のふたご座流星群についてもっと詳しく知りたい方は、名古屋市科学館のWebサイトをご覧ください。

 

 

 

【こちら地球市民】

地球、大自然を舞台に活躍しているスペシャリストに、地球活動でのエピソードや自然、宇宙、生命の素晴らしさを「一人喋り」の形式で、全宇宙に広くアピールしてゆく、いわば「地球外生命に向けた地球PR活動」です。

今月のお客様は「和太鼓奏者」の浅野聡太さん。
今週は「和太鼓の歴史」をテーマにお話しいただきます。

IMG_0270

浅野 聡太 / Sota Asano
和太鼓奏者プロフィール
———————————————————————-
愛知県出身。9歳より地元の子供太鼓のサークルで太鼓を始め、中学1年でサークルを脱会。地元の和太鼓奏者・梅村幸生に和太鼓を師事する。
その後、同氏が率いる和太鼓グループ『REN』のメンバーとして活動を開始し、現在も数々の演奏活動を行っている。17歳からは、林田ひろゆきが全国の若い太鼓奏者を集えてプロデュースしている『SuperTaiko Junior』のリーダーとしてチャリティコンサート「BEAT FOR JAPAN」、フランスツアー「Festival des Cultures du Monde de Gémenos 2013」に出演し、また、『Super Taiko Boys』のメンバーとしても台湾、シンガポールなど国外での演奏活動も行う。
2015年からは、『ZI-PANG』のメンバーとしてプロデビューし、「成田太鼓祭・千年夜舞台」、「陸前高田市全国太鼓フェスティバル」等、国内最大級の太鼓フェスティバルへも出演。
現在は、ソロ和太鼓奏者として精力的に活動する中、二胡、DJなどとのコラボレーションは定評があり、様々な和楽器で構成した独自のバンドユニットでの活動も行っている。
また、数々のコンペティションでのグランプリや、TOWNWORK present「CampusLife+1」での準グランプリを獲得するなど、演奏活動のみならず、現役の学生であることを活かしたアプローチで和太鼓の魅力を人々に伝えている。
2017年に若手実力派和太鼓奏者を集めチーム「天樂」を結成。また、2750人もの応募の中から50人のみが選出された公益財団法人クマ財団のクリエイター奨学生としてもアーティスト活動を行う。

ZIP-FM77.8「DREAM PRIZE22」 グランプリ
TOWNWORK present「CampusLife+1」 準グランプリ
フランスツアー「Festival des Cultures du Monde de Gémenos 2013」
「成田太鼓祭2015・千年夜舞台」ゲスト演奏
「陸前高田市全国太鼓フェスティバル 2015」ゲスト演奏
「BLeague SeaHouse三河 ホーム開幕戦セレモニー」オープニング演奏
「メルセデスベンツ新型Eクラス発表記念式典」
「日本ど真ん中祭り ファイナルステージ」にてゲスト演奏

 

 

.:*・゜☆.。.:*・゜☆.。.:*・゜☆.。.:*・゜☆

☆お聴き逃した方は『radiko』のタイムフリー機能で1週間以内に放送された番組を聴くことが出来ます。

番組では、宇宙や星、気象に関する質問を受け付けています!
メール uni@radio-neo.jp

 

 

  • メール

12月3日 ブラザーアース presents NEO UNIVERSE〜聴く宇宙〜【オンエア予告】

2017.12.03/オンエア予告

be_j

【12月3日オンエア予告】

12月に入って、2017年も残すところあと1ヵ月となりました。

今月は、名古屋市科学館の小林修二さんをお迎えしてお送りします。

 

今週は月の初めということで、12月の空の見どころからお話しいただきます。

寒空の下、マフラーにくるまって温かいコーヒーを飲みながら星を見上げるのも、冬ならではの楽しみ方ですよね。

 

そして、12月には「ふたご座流星群」が見られるということで、今週と来週は2週にわたって、流星群についてお話しいただきます。
11月の毛利さんのお話にもありましたが、流れ星は宇宙空間に漂っている小さな塵が地球の大気の中に飛び込んできたときに光って見えるものなんです。

 

流れ星のもととなる塵って、思ってたよりもとっても小さいんですね。

それがあんなに明るく見えるなんて、とても不思議です。

 

そして、私たちが地球から流れ星を見たときには、空から星が降ってくるように見えますが、
流れ星よりも高い位置にいる国際宇宙ステーションから見ると、星が下に飛んでるというとっても面白い見え方になるんだそうですよ。

☆地球から見た流れ星↓

Geminids

☆国際宇宙ステーションからみた流れ星↓

ISS028-E-024847_lrg

 

さらに今週はそれぞれの流星群とほうき星(彗星)の関係についても、詳しく教えていただきました。
ぜひ、下の図を見ながら「聴く宇宙」を聴いてみてくださいね。

meteor

 

 

【こちら地球市民】

地球、大自然を舞台に活躍しているスペシャリストに、地球活動でのエピソードや自然、宇宙、生命の素晴らしさを「一人喋り」の形式で、全宇宙に広くアピールしてゆく、いわば「地球外生命に向けた地球PR活動」です。

今月のお客様は「和太鼓奏者」の浅野聡太さん。
今週は「和太鼓はどう作られているのか」をテーマにお話しいただきます。

IMG_0270

浅野 聡太 / Sota Asano
和太鼓奏者プロフィール
———————————————————————-
愛知県出身。9歳より地元の子供太鼓のサークルで太鼓を始め、中学1年でサークルを脱会。地元の和太鼓奏者・梅村幸生に和太鼓を師事する。
その後、同氏が率いる和太鼓グループ『REN』のメンバーとして活動を開始し、現在も数々の演奏活動を行っている。17歳からは、林田ひろゆきが全国の若い太鼓奏者を集えてプロデュースしている『SuperTaiko Junior』のリーダーとしてチャリティコンサート「BEAT FOR JAPAN」、フランスツアー「Festival des Cultures du Monde de Gémenos 2013」に出演し、また、『Super Taiko Boys』のメンバーとしても台湾、シンガポールなど国外での演奏活動も行う。
2015年からは、『ZI-PANG』のメンバーとしてプロデビューし、「成田太鼓祭・千年夜舞台」、「陸前高田市全国太鼓フェスティバル」等、国内最大級の太鼓フェスティバルへも出演。
現在は、ソロ和太鼓奏者として精力的に活動する中、二胡、DJなどとのコラボレーションは定評があり、様々な和楽器で構成した独自のバンドユニットでの活動も行っている。
また、数々のコンペティションでのグランプリや、TOWNWORK present「CampusLife+1」での準グランプリを獲得するなど、演奏活動のみならず、現役の学生であることを活かしたアプローチで和太鼓の魅力を人々に伝えている。
2017年に若手実力派和太鼓奏者を集めチーム「天樂」を結成。また、2750人もの応募の中から50人のみが選出された公益財団法人クマ財団のクリエイター奨学生としてもアーティスト活動を行う。

ZIP-FM77.8「DREAM PRIZE22」 グランプリ
TOWNWORK present「CampusLife+1」 準グランプリ
フランスツアー「Festival des Cultures du Monde de Gémenos 2013」
「成田太鼓祭2015・千年夜舞台」ゲスト演奏
「陸前高田市全国太鼓フェスティバル 2015」ゲスト演奏
「BLeague SeaHouse三河 ホーム開幕戦セレモニー」オープニング演奏
「メルセデスベンツ新型Eクラス発表記念式典」
「日本ど真ん中祭り ファイナルステージ」にてゲスト演奏

 

 

 

.:*・゜☆.。.:*・゜☆.。.:*・゜☆.。.:*・゜☆

☆お聴き逃した方は『radiko』のタイムフリー機能で1週間以内に放送された番組を聴くことが出来ます。

番組では、宇宙や星、気象に関する質問を受け付けています!
メール uni@radio-neo.jp

  • メール

11月26日 ブラザーアース presents NEO UNIVERSE〜聴く宇宙〜【オンエア予告】

2017.11.26/オンエア予告

be_j

【11月26日オンエア予告】

今月は、名古屋市科学館の毛利勝廣さんをお迎えしてお送りします。

11月最後の日曜日です。

 

【今月のテーマは「星の名前」】

お話を聞くまで、新星って新しい星だとばかり思ってました。

栄にもそんな名前のビルがあったりしますね。すっかり古くなっちゃいましたけど。

そして超新星ってとっても新しい星なのかとも、、、。

 

天文現象の名前って、いろいろな経緯があったんですね。

 

今回は、注目の重力波も出てきます。重力波でいろいろな元素ができる、中性子星の合体が観測されたのだそうです。

 

この図の中の青い元素が超新星爆発や中性子星の合体でできたそうです。

 

20171126.002

 

47番が銀(Ag)、、、78番がプラチナ(Pt)、、、79番が金(Au)、、、

貴金属って、超新星や中性子星が作ってくれてたんですね。

 

関連のニュースの中からわかりやすいもののリンク先を教えてもらいました。

 

中性子星合体の重力波を初観測、貴金属を大量放出

(ナショナルジオグラフィックス)

http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/17/101800401/

 

そしてこの研究には日本の天文台も参加していたんだそうです!

 

詳しくは、「聴く宇宙」でお楽しみください。

 

 

 

【こちら地球市民】

地球、大自然を舞台に活躍しているスペシャリストに、地球活動でのエピソードや自然、宇宙、生命の素晴らしさを「一人喋り」の形式で、全宇宙に広くアピールしてゆく、いわば「地球外生命に向けた地球PR活動」です。

今月のお客様は「音楽作家」の荒木正比呂さん。
今週は「未来」をテーマにお話しいただきます。

 

*プロフィール

電子音楽家。バンドマン。TVCM / webコンポーザー。バンド・レミ街のリーダーでありエレクトロニカユニット、fredricsonとして活動中。
名古屋→東京と住居を転々としながら現在では三重県東員町にて稲穂に囲まれながら音楽生活を営み、近年では中村佳穂のバンドメンバーとしてフジロック2016など全国のステージに出演。
絵本作家の「ながおたくま」らと作るキャラクター「ゾンビ太郎」など。
ゾンビ太郎
http://www.zombietaro.com/
https://soundcloud.com/fredricson
レミ街
http://remigai.jp/
荒木正比呂facebook
https://www.facebook.com/fredri3
中村佳穂
http://nanos.jp/nakamurakaho/blog/1/

.:*・゜☆.。.:*・゜☆.。.:*・゜☆.。.:*・゜☆

☆お聴き逃した方は『radiko』のタイムフリー機能で1週間以内に放送された番組を聴くことが出来ます。

番組では、宇宙や星、気象に関する質問を受け付けています!
メール uni@radio-neo.jp

  • メール

11月19日 ブラザーアース presents NEO UNIVERSE〜聴く宇宙〜【オンエア予告】

2017.11.19/オンエア予告

be_j

【11月19日オンエア予告】

今月は、名古屋市科学館の毛利勝廣さんをお迎えしてお送りします。

 

【今月のテーマは「星の名前」】

今週は、流星群のお話。

流星群には、「ふたご座流星群」「しし座流星群」といったように、星座の名前が組み合わせられていますよね。

どうして星座の星が流れているわけではないのに、名前に使われているのでしょうか?

まず、流星群が毎年決まった時期に見られるのは、地球の軌道がほうき星(彗星)の通り道を横切るから。そこには流れ星のもととなる粒がたくさんまき散らされていて、その交差点を毎年決まった時期に地球が通ることで、同じ方向からたくさんの流れ星が見られるんです。

meteor_2

そして、流星群はある一点から放射状に流れていきます。この流星群が飛び出す一点を「放射点」と呼びます。

そしてこの放射点に位置する星座の名前が流星群につけられるようになったということなんです。

meteor_1

地上でその方向を向いたときには、平行に向かってくる流れ星が放射点から四方八方に広がるように見えます。

ということは、放射点、つまりその流星群につけられた名前の星座の方向を見ても、ただ光って見えるだけ、もしくはとっても短い間しか見えません。

お願いごとをする時間をより多く確保するためには、放射点の反対側を見てみましょう!そして、放射点の高度がより高いときに観察すると、たくさんの流れ星が見られますよ。

そして来月12月13、14日頃には2大流星群のひとつ、「ふたご座流星群」があります。今年のふたご座流星群は一晩中見られる上に、月明かりも少なく、山奥では50~60の流れ星がとってもよく見えるそうな…。

晴れるといいですね☆彡

 

 

 

【こちら地球市民】

地球、大自然を舞台に活躍しているスペシャリストに、地球活動でのエピソードや自然、宇宙、生命の素晴らしさを「一人喋り」の形式で、全宇宙に広くアピールしてゆく、いわば「地球外生命に向けた地球PR活動」です。

今月のお客様は「音楽作家」の荒木正比呂さん。
今週は「世界」をテーマにお話しいただきます。

DSCN2563

*プロフィール

電子音楽家。バンドマン。TVCM / webコンポーザー。バンド・レミ街のリーダーでありエレクトロニカユニット、fredricsonとして活動中。
名古屋→東京と住居を転々としながら現在では三重県東員町にて稲穂に囲まれながら音楽生活を営み、近年では中村佳穂のバンドメンバーとしてフジロック2016など全国のステージに出演。
絵本作家の「ながおたくま」らと作るキャラクター「ゾンビ太郎」など。
ゾンビ太郎
http://www.zombietaro.com/
https://soundcloud.com/fredricson
レミ街
http://remigai.jp/
荒木正比呂facebook
https://www.facebook.com/fredri3
中村佳穂
http://nanos.jp/nakamurakaho/blog/1/

 

.:*・゜☆.。.:*・゜☆.。.:*・゜☆.。.:*・゜☆

☆お聴き逃した方は『radiko』のタイムフリー機能で1週間以内に放送された番組を聴くことが出来ます。

番組では、宇宙や星、気象に関する質問を受け付けています!
メール uni@radio-neo.jp

 

 

  • メール

11月12日 ブラザーアース presents NEO UNIVERSE〜聴く宇宙〜【オンエア予告】

2017.11.12/オンエア予告

be_j
【11月12日オンエア予告】

今月は、名古屋市科学館の毛利勝廣さんをお迎えしてお送りします。

 

【今月のテーマは「星の名前」】

先週は曜日の並びについて学びました。普段から使っているのに、順番なんて今まで考えもしなかったですよね…

水星、木星などの星の名前がありますが、もともとは昔中国で、物事には必ず「陰(=月)」と「陽(=太陽)」があり、この世界は「木」「火」「土」「金」「水」の5つの元素でできていると考えられていました。これが五行説ですね。

七夕の短冊の色も、実はこの五行説からきているんですよ。青・赤・黄・白・黒の「五色の短冊」を吊るすのが正式なものです。青が木、赤が火、黄が土、白が金、黒が水。黒は字が書けないので紫に置き換えられたりもしますが、ちゃんと意味があるんです。

十干十二支で、よく「きのえ」とか「きのと」とかっていう言葉を使いますよね。じつはここにも五行説が!「き」「ひ」「つち」「か」「みず」それぞれに陽を表わす「え」と、陰を表わす「と」を順に組み合わせているんです。

えと

惑星と干支がこんなところでつながっていたなんて…不思議ですよね。

 

さて、惑星の次は恒星のお話。

今の時期、放送の時間帯に見える「オリオン座」。一等星のベテルギウスとリゲルという名前は、アラビア語系統なんです。実は星の名前にはアラビア語系統のものが結構あります。たとえば、おうし座「アルデバラン」、わし座「アルタイル」…名前の頭の「アル」はアラビア語の定冠詞です。

歴史的経緯からすると、星の名前をきちんとまとめたのは2世紀、ギリシャの科学者プトレマイオスが天文学大系という本を書きました。一旦ギリシャの文化が廃れてしまいますが、天文学大系がアラビア語に翻訳され、イスラムで大切に守られ、もとに観測が進められ天文学が発展します。

後にラテン語に翻訳され、ヨーロッパに戻ってくるのですが、アラビア語でつけられた名前もここで一緒に入ってきます。ですからアラビア語の名前がたくさんあるんですね。

ちなみにオリオン座の「ベテルギウス」は「大きな人の脇の下」、「リゲル」は「足」という意味。はくちょう座の「デネブ」は「お尻」とか「尻尾」という意味があるそうです。星の位置にも関係していますね。

こうして星の名前を知ってみると、また違った楽しみ方ができますね♪

ぜひ皆さんも、今見える星たちの名前を調べてみてはいかがでしょうか。

20171112_2300sky

*クリックで拡大できます

 

 

 

【こちら地球市民】

地球、大自然を舞台に活躍しているスペシャリストに、地球活動でのエピソードや自然、宇宙、生命の素晴らしさを「一人喋り」の形式で、全宇宙に広くアピールしてゆく、いわば「地球外生命に向けた地球PR活動」です。

今月のお客様は「音楽作家」の荒木正比呂さん。
今週は「楽器」をテーマにお話しいただきます。

DSCN2564

*プロフィール

電子音楽家。バンドマン。TVCM / webコンポーザー。バンド・レミ街のリーダーでありエレクトロニカユニット、fredricsonとして活動中。
名古屋→東京と住居を転々としながら現在では三重県東員町にて稲穂に囲まれながら音楽生活を営み、近年では中村佳穂のバンドメンバーとしてフジロック2016など全国のステージに出演。
絵本作家の「ながおたくま」らと作るキャラクター「ゾンビ太郎」など。
ゾンビ太郎
http://www.zombietaro.com/
https://soundcloud.com/fredricson
レミ街
http://remigai.jp/
荒木正比呂facebook
https://www.facebook.com/fredri3
中村佳穂
http://nanos.jp/nakamurakaho/blog/1/

☆お聴き逃した方は『radiko』のタイムフリー機能で1週間以内に放送された番組を聴くことが出来ます。

番組では、宇宙や星、気象に関する質問を受け付けています!
メール uni@radio-neo.jp

  • メール

10月29日 ブラザーアース presents NEO UNIVERSE〜聴く宇宙〜【オンエア予告】

2017.10.29/オンエア予告

be_j
【10月29日オンエア予告】

今週は5週目ということで番外編。

名古屋市科学館の毛利勝廣さんをお迎えしてお送りします。

DSCN2558

 

☆★名古屋市科学館で行われるイベント情報のお知らせ★☆

イベントのテーマは「The Edge of Infinity」

中京大学工学部メディア工学科を中心とするメディアアーティストと名古屋市科学館学芸員による、アートでディープなプラネタリウム。

映像と音楽の幻想的な宇宙空間。皆さんも出掛けてみませんか?

 

◯開催日時:12月8日金曜日、9日土曜日 会場 18:00 / 開演 18:30*20:00終了予定

◯料金:一般1,500円、大学生・高校生800円(中学生以下は入場不可)

 

【チケットの販売場所は・・・】

〇名古屋市青少年文化センター[アートピア]

TEL 052-265-2088 (9時~20時/火曜休館)

〇名古屋市文化振興事業団チケットガイド

TEL 052-249-9387 (平日9時~17時/郵送可)※予約、郵送対応可

※そのほか名古屋市文化振興事業団が管理する文化施設窓口〈土日祝日も営業〉でもお買い求めいただけます。

〇名古屋市科学館ミュージアムショップ SO-NANDA!

TEL 052-212-0016 (平日9時半~17時、土日祝は18時まで・月曜/第3金曜休館)

 

席数に限りがありますので、皆さまぜひお早めにチケット手に入れてくださいね!

詳しくは、以下のリンクよりpdfファイルをご覧ください。

「The Edge of Infinity」

 

 

 

  • メール
< PREV NEW >
閉じる