Radio Neo 79.5

1月17日の「GO For A Drive」

2020.01.17/Go For A Drive 佐野瑛厘

日替わりDJが素敵なカーライフのお手伝いをする「GO For A Drive」のコーナー!!

今週は愛知県内でも有数のドライブスポット「知多半島」の中から「東海市」を特集してお送りしています。

今日は東海市の「お土産」をご紹介します。

東海市生まれの全国的なお土産品といえば坂角総本舗のえびせんべい「ゆかり」。

1889年に創業した老舗で、初代の坂角二郎さんが

地元で食されていた“えびはんぺい”を元に生せんべいを考案し、

その後1966年に「ゆかり」を販売したのだそうです。

既に全国区とも言える「ゆかり」ですが、新製品の開発にも余念が無く、

昨年11月に新発売された「海鮮五目かき揚げ天」は天然の海老に加えて、

ズワイガニ、するめいか、ホタテ、桜エビが入った豪華なえびせんべいで、

季節に合わせて品目の配合割合が変わるのだとか。

いつもとは少し変わった手土産に選んでみてはいかがでしょうか?

また、市内にある本社工場の売店や直営店では、工場が稼働している

平日限定で、その日に作ったできたての「ゆかり」を購入することができるんです。

販売時間は午後2時以降ということなので、こちらも要チェックですよ!

坂角総本舗・本社工場売店へのアクセスは、

西知多産業道路・加家)I.C.より、東へおよそ10分。

営業時間は午前9時~午後6時で、定休日は日曜日です。

 

そしてもう一つ、地元の人に愛されるえびせんべい屋さんがあるんです。

東海市大田町にある「音羽屋」は

1920年の創業以来、生の海老にこだわった本物のえびせんべいを作り続けています。

知多半島で捕れる新鮮なアカシャエビと北海道産のジャガイモで作るせんべいは、軽やかな食感と豊かな風味が特徴。

材料の50パーセント以上がアカシャエビ、ということで

“これぞえびせんべい!”という濃厚な味わいなんです。

100年もの間、作り続けてきた本物のえびせんべいをぜひ味わってみて下さい

「音羽屋」へのアクセスは西知多産業道路・加家I.C.より、およそ5分。

営業時間は午前9時~午後7時で、定休日は月曜日です。

 

  • メール
MUSIC GARAGE from NTP-ark

MUSIC GARAGE from NTP-ark

19:00 - 20:00

DJ:月曜:ユージ | 火曜:行天貴之 | 水曜:水城あやの | 木曜:後藤理沙子 | 金曜:佐野瑛厘

CATEGORIES

閉じる