Radio Neo 79.5

BLOG

ARCHIVES

: 2018年06月

6月29日の「GO For A Drive」

2018.06.29/Go For A Drive 佐野瑛厘

日替わりDJが素敵なカーライフのお手伝いをする「GO For A Drive」

今週は「ご存じでしたか?モータースポーツいろいろ!」

ガソリンに代わるエネルギーで車を走らせる技術は、日進月歩で進化しています。

電気自動車や水素自動車が当たり前のように町を走っている昨今、

モータースポーツの世界にも、この代替エネルギーによる競技が普及し始めています。

その最右翼は「ソーラーカーレース」。太陽光だけでマシンを走らせる究極の「エコカー」です。

「ソーラーカーレースって趣味の世界じゃないの?」と思われる方もいるかも知れませんが、

世界各国の自動車団体で構成される国際自動車連盟通称FIA(エフ・アイ・エー)が規則などを決めている、

れっきとした自動車競技なんですよ。

日本では1992年から25年以上続いている「ソーラーカーレース鈴鹿」や

秋田県大潟村で開催される「ワールド・ソーラーカー・ラリー」が世界的に有名です。

エントリーリストには毎年バラエティに富んだチームが名を連ね、

大手企業の有志によるチームや高校生・大学生、自宅のガレージでマシンを組み上げる猛者まで様々です。

ソーラーカーは太陽電池で作った電力を動力として利用するため、それほど大きなパワーを得ることはできません。

そのため電子工学や機械工学の知識をはじめ、ボディの軽量化、空気抵抗の削減など、高いレベルが要求されます。

企業や学生などが参戦するのは、今後さらに厳しさを増すであろう環境問題に

正面から取り組むことで、将来の次世代カーにつながる技術を習得しようとしているからです。

ソーラーカーレースと同様に、ガソリン以外の代替エネルギーで競うモータースポーツが「フォーミュラe」

F1マシンのようなフォーミュラカーにモーターと電池を搭載した車両で、スピードを競うレースです。

排気ガスや騒音を発生しない「電気で動くレーシングカー」なので、ビルが立ち並ぶ都心や公道でレースを開催し、

環境に優しいモータースポーツをアピールしています。

このように、代替エネルギーによるモータースポーツは今後さらに普及していくことは間違いないでしょう。

  • メール

6月29日~金曜日はDJの佐野♪瑛厘が担当です!

2018.06.29/Info

6月29日~金曜日はDJの佐野♪瑛厘が担当です!

今日のメッセージテーマは「上半期〜あなたの重大ニュース」

メール・ツイートお待ちしてます!!

MAILgarage@radio-neo.jp
Twitter
#ネオガレ

MUSIC GARAGE FROM NTP-ark 

18:0020:00~今日もよろしく!~

  • メール

6月28日の「GO For A Drive」

2018.06.28/Go For A Drive Info

日替わりDJが素敵なカーライフのお手伝いをする「GO For A Drive」

今週は、「ご存じでしたか?モータースポーツいろいろ!」と題してお送りしています。

モータースポーツ、特に一般的に「カーレース」と呼ばれる競技はサーキットのような専用のコースで行われます。

一方「ラリー」は一般道を閉鎖して、区間タイムを競うモータースポーツです。

ラリーの最高峰はWRC世界ラリー選手権で、様々な自動車メーカーが参戦しています。

ラリーに使われるマシンはより速く走るための改造が施されていますが、見た目は市販車そのものです。

これにはラリーに参戦することで、そのクルマやメーカーのイメージアップを 図ることが目的ですが、

一般ユーザーに「自分の乗っているクルマと同じ車種が参戦している」ことで、

ラリーに興味を持ってもらおうというのも狙いの一つです。

ラリーカーはサーキットだけを走るフォーミュラカーと違い、「ターマック」と呼ばれるアスファルト舗装や、

「グラベル」と呼ばれる荒れた道など、コース設定によって様々な道を走ります。そのため、

路面状況に合わせてクルマの最低地上高を大幅に調整することができます。

またタイヤも溝の深いタイヤや幅の広いタイヤなど、これまたコースによって選択します。

ラリーは通常、運転するドライバーとコース図を読む「コ・ドライバー」の二人組で戦います。

コ・ドライバーは事前にカーブの大きさやコースの状況をペースノートに記入しておき、

ドライバーに逐一情報を伝えながら走行します。

ドライバーはコ・ドライバーからの情報を元にコーナーに進入したり

道ばたに転がっている大きな岩を避けたりしながら走ります。

そのため、2人の息が合っていないと早く走れなかったり、最悪の場合はコースを外れてリタイヤしてしまうこともあります。

ラリーやラリーカーの魅力を堪能したい人は、11月2日から4日にかけて愛知県新城市で行われる「新城ラリー」を

観戦することをオススメします。

全日本ラリー選手権の一戦で、日本を代表するラリーストたちが集結するうえに、

国内外の様々なマシンが驚くほどの速さで駆け抜けるのを間近に見ることができます。

サーキットレースとは異なるラリーの魅力をぜひ味わって下さい!

  • メール

6月28日~木曜日は花と愛の伝道師!三上真史が担当です!

2018.06.28/Info

6月28日~木曜日は花と愛の伝道師!三上真史が担当です!

今日のメッセージテーマは「バーベキューS__36429826

メール・ツイートお待ちしてます!!

MAILgarage@radio-neo.jp
Twitter
#ネオガレ

MUSIC GARAGE FROM NTP-ark 

18:0020:00~今日もよろしく!~

  • メール

6/27(水)今日もありがとうございました。

2018.06.27/倉持明日香

今日のテーマは「ラッキー!」でした。

Exif_JPEG_PICTURE

おまけ・・・

迎賓館で「アフタヌーンティー」はいかがでしょうか?

迎賓館・赤坂離宮は1909年に東宮(とうぐう)御所(ごしょ)として建設され、

今年で109年を数えます。

国内唯一のネオ・バロック様式の宮殿建築物で、国宝にも指定。

これまで世界各国の要人が訪れたほか、国際会議の場としても使われています。

敷地は一般公開もされており、観光地としても人気なのですが、

5月20日からは入り口正面の前庭にキッチンカーが出動しています。

テーブル席でお菓子や紅茶を味わうことができ、

歴史的建造物を眺めながら優雅なひとときを楽しめると話題です。

アフタヌーンティセットは 1日20食限定で、1セット2人分で税込4200円。

参観可能日は毎日販売しており、営業時間は10時~17時です。

 

こんな場所で紅茶をいただけるなんて素敵ですね!

  • メール

きょうのクイズ~~!

2018.06.27/倉持明日香

今日のクイズ行きます!

 「ワールドカップで先日対戦したセネガルには、熱狂的なサポーターが

ついていることで知られています。

セネガルサポーターの愛称は、12番目の〇〇!といいますが、

〇〇に当てはまる言葉は?」  

 

「12番目の〇〇!」 さー、ボケ倒してくださいね~

調べずに答えはgarage@radio-neo.jp

または、twitter、「#ネオガレ」までお願いします!

  • メール

6/27(水)GO FOR A DRIVE

2018.06.27/Info

今週のウィークリーテーマは、「ご存知 でしたか?モータースポーツいろいろ」についてです。

 

水曜日は「ツーリングカー」についてお話します。

 

市販車を改造したマシン、市販車のような外見をしたマシンで行うサーキットレースを

ツーリングカーレースと呼び、そのレースに使用される車をツーリングカーと呼びます。

一般的にフォーミュラカーに対する言葉として用いられます。

 

2ドアのスポーツカーをベースとするGTレースに対し、

主にセダンまたはハッチバックで競われるのがツーリングカーレースの特徴です。

それだけに、一般のユーザーにとっては身近なクルマがレースを戦っている印象が強く、

1950年代からイギリスを中心にヨーロッパでは根強い人気を誇ってきました。

 

そして、6月23日、ドイツツーリングカー選手権の統括団体であるITRと

SUPER GTを運営する株式会社GTアソシエイションは、

DTM第4戦が開催されるドイツのノリスリンクで共同会見を行い、

両者が進めていた共通の技術規則「CLASS 1(クラス・ワン)」の完成版を公開しました。

ベルガー会長は、GTAとITRの協力体制により完成したCLASS 1規則を

「世界のモーターレーシングの金字塔」と表現しました。

 

これにより、2019年シーズンからDTM車両はクラス・ワン規則に100%合致した車両でレースを実施。

SUPER GTのGT500クラスも、モノコック設計が変更タイミングの2020年より同規則に準じた車両で

レースを行うことになります。

 

2019年のSUPER GTとDTMの交流戦が、今から待ち遠しいですね

  • メール

6/27(WED)今日のテーマは

2018.06.27/Info

★今夜のメッセージテーマは[ラッキー!]ということで募集したいと思います。
最近のツイてる話など聞かせてください!
ご応募は  garage@radio-neo.jp

Twitter は  「#ネオガレ」
・NTP-arkにもメールボックスを設置していますので、遊びに来た際には是非メッセージを書いて、番組に参加しくださいね!

  • メール

6月26日の「GO For A Drive」

2018.06.26/Info

日替わりDJが素敵なカーライフのお手伝いをする「GO For A Drive」のコーナー!!

今週は「ご存じでしたか?モータースポーツいろいろ!」と題してお送りしています。

6月16日と17日にフランスで行われた「ル・マン24時間レース」で、トヨタ自動車がエントリーした

TS050 HYBRID(ティーエスゼロゴーゼロ・ハイブリッド)が、悲願の初優勝を遂げました。

2016年にはトップを走行していながら残り3分でトラブルが発生。ドライバーを務めた中嶋一貴(かずき)選手の

「ノーパワー!」という悲痛の叫びから2年が経過し、「今年こそは」という強い気持ちで臨んだトヨタ陣営にとっては

忘れられないレースとなりました。

このル・マン24時間レースに出場しているマシンは「スポーツプロトタイプカー」略して「プロトタイプ」と呼ばれています。

プロトタイプとは「試作機」という意味で「市販車ではないが、将来市販されることを

前提にした少量生産の試作スポーツカー」としてレースに参戦しています。

そのため、座席が2つあることや屋根があることなど、F1マシンのような

フォーミュラーカーとは、多くの点で違いがあります。ちなみに座席は2つ付いていますが、

レースをする時は1人で乗り込みます。

またプロトタイプには「レースで積み上げた技術や経験を市販車にフィードバックする」という目的もあります。

ル・マンで優勝したTS050 HYBRIDには、プリウスの10倍以上の出力が 出せる電池が搭載されていますが、

その発熱量もハンパないため、 冷却システムをより強力なものにしなくてはなりません。

しかし、レースはコンマ何秒を争う競技のため、マシンの重量が増えるのは致命的です。

強力で、しかも軽い冷却システムは市販車の燃費を良くするためにも欠かせない技術なので、

プロトタイプで効果が実証できれば、市販車にその技術が降りてくる、というわけです。

このようにトヨタがプロトタイプカーでレースに参戦することは、より良いクルマを作ることに繋がっているのです。

ちなみにトヨタ自動車は、ルマンで優勝したプロトタイプカー

「TS050 HYBRID」の市販車バージョン「GRスーパースポーツ」の開発を進めています。

予想では2021年頃に発売されると言われていますので、今からワクワクしてきますね!

  • メール

6月26日~火曜日は池岡星香が担当です!

2018.06.26/Info

6月26日~火曜日は池岡星香が担当です!

今日のメッセージテーマは「夏の準備してますか?」

メール・ツイートお待ちしてます!!

MAILgarage@radio-neo.jp
Twitter
#ネオガレ

MUSIC GARAGE FROM NTP-ark 

18:0020:00~今日もよろしく!~

  • メール
< PREV NEW >
MUSIC GARAGE from NTP-ark

MUSIC GARAGE from NTP-ark

19:00 - 20:00

DJ: 大前亮将 (月)池岡星香(火) 倉持明日香(水) 三上真史 (木)佐野 瑛厘(金)

CATEGORIES

閉じる